ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

j
2024年4月20日

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

(このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。)

 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。

少し場所を変えると、そこは別の世界、そして自分たちのところとは全く別の生活様式が営まれている。買い物に出かけ、この変化を見るたびに、私はCSルイスの著した「ナルニア物語」を思い出します。子供たちが大きな屋敷内で隠れるために洋服ダンスの中に入ったら、そこは全く別の世界、白い雪の世界への入り口となっていたというお話です。

思えば二年前、私たち家族も、それまでとは全くの別世界とも言える、この雪の世界に引っ越して来ました。それは私たちにとって本当に思い切った大きな決断でした。しかし、もし、ここに来なければ、体験できなかった数多くの貴重な体験をさせて頂いていると思います。雪かきや屋根の雪下ろし、薪ストーブ、薪ボイラーの設置、チェーンソーでの丸太切り、家の改修、山菜採り、畑作業、新しいチームを迎える、自治会への参加・・・。
 変化に伴う色々な困難もありましたが、変化に飛び込んだおかげで体験できた数多くのチャレンジも多くあったのです。もちろん、この変化を通過するにあたって、神様からのたくさんの指示を頂きました。そしてそれに従ったことで、数多くの祝福に与らせて頂いたのだと思っています。

昨日は、母を助手席に乗せて車を走らせながら、この変化に飛び込まなかったら、逃してしまっていたかもしれない多くの祝福を考え、思い切って飛び込んで良かったとつくづく思っていたのでした。

誰の人生にも、多かれ少なかれ変化の時というものがあります。そして変化にはいつも痛みやハードワークが伴いますが、新しい世界での体験と祝福を考えると、全て価値があるのだと思います。どうか、主が私たちに用意して下さっている新しい別世界に、信頼して飛び込むことができるように、主が助けてくださいますように。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...