命あるうちに

j
2024年4月12日

ひとしずく1507–命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)

最近、材木を切断する機械を貸して下さり、私たちに良くして下さったCさんの奥さんが癌の治療を受け始めました。そのCさんが、家族の一人が倒れると生活が全て変わってしまいますと、その大変さを話してくれました。今まで料理は奥さんがしていましたが、今では、Cさんが奥さんのために三食作るようになったとのことでした。そして、看護している分、田畑の仕事ができないとも言っていました。奥さんが倒れて初めて、料理や、掃除や洗濯など、どれだけ奥さんがたくさんの仕事をしてくれていたかが、身にしみて分かったようでした。

高齢者の一人暮らしの多いこの田舎町では、二人以上の家族は貴重です。それだけに数少ない家族の一人が倒れたりすると、その家族の生活にとって大きなダメージをもたらします。ここではCさんと同じような体験をしている方たちが少なくありません。そしてその事件は一昨日、私たちの家庭にも起りました。私の妻が夜中に体調が悪くなり、救急車で病院に運ばれたのです。以前も血圧が200を越えて大変な状態になったことがありましたが、今回は不整脈が原因でした。医師の話によると、疲れのせいだと思うので、休んでいることで良くなるでしょう、ということでした。確かに妻は最近、頑張り過ぎていたようで、働き過ぎた日は、夜中に心臓に来ていたようです。感謝することに、医師の言われた通り、一日休んでいたら、平常に戻ってきました。本人はどうして自分はもっと働けないのかと落胆していますが、主は彼女を素晴らしい知恵の下に、ゆっくりさせたいようです。 そしてこのことで祈ってみると、主は、家族の他の者たちが彼女のやっている家事を助ける必要があることを示され、家族で家事をもっと分担して助け合おうということになりました。
 早速、昨日、今まであまり料理をしなかった娘が夕飯を作ってくれたり、また、すぐにしなければならなかった印刷の仕事を他の子供が引き受けてくれたりと、色々な変化が起り始めました。
 主はまたもや、こうした問題に思えることを使って、こんなに素晴らしいローマ8:28を成就してくださいました。本当に感謝です!ハレルヤ!
 命あるうちに、お互いが神様の愛となり、祝福となることができますように。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...