隣 り人を愛する

j
2024年4月11日

ひとしずく1505-隣 り人を愛する

 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などに
ついての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。
 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです が、隣りの家の人がそれに気づいたのが、17時間後で、あと数時間遅かったら、命を落としていたことだろうということでした。
 どうして気づいたかというと、隣の人が、食事を作って持っていったからだそうです。その人がいつものように、食事を持っ て行くと、鍵がか かったままで、新聞受けには新聞が入ったままだったので、窓から入ってみると、その御老人が意識を失って倒れていたので、すぐ救急車を呼んだのです。
 この方の旦那さんと懇談会で話したのですが、この御夫婦は、毎日のように、近所の一人暮らしの御老人を伺って気遣ってい る人たちでした。これこそまさに隣人愛と言うべきでしょう。
 自治会では、ますますもっとお互い声を掛け合ったり、助け合うことが必要だということを言い合っていました。そしてそれ が愛というもので あり、それが心を大切にすることだと言っている人もいました。こうした人たちの間で話を聞いて、たくさんのことを学ばせてもらいました。
 私たちは、おそらく、愛についての話を誰よりもたくさん知っており、愛がどんなに大切なものであり、その愛の行為を主が どれほど望んでお られるかも知っていると思います。しかし実際は、言うは易し、行うは難しです。毎日のように、一人暮らしの人に差し入れをするという行為もなかなかできる ものではありません。

仕えるために来てくださった主の愛を知っている者として、無私無欲のこうした人たちの愛に 学び、それに生きる者になりたいと改めて思いました。

「主は、わたしたちのためにいのちを捨てて下さった。それによって、わたしたちは 愛ということを知った。それゆえに、わたしたちもまた、兄弟のためにいのちを捨てるべきで ある。世の富を持っていながら、兄弟が困っているのを見て、あわ れみの心を閉じる者には、どうして神の愛が、彼のうちにあろうか。子たちよ。わたしたちは言葉や口先だけで愛するのではなく、行いと真実とをもって愛し合 おうではないか。」(第一ヨハネ3:16-19

「神はそのひとり子を世につかわし、彼によってわたしたちを生きるようにして下 さった。それによって、わたしたちに対する神の愛が明らかにされたのである。わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して下さって、わたし たちの罪のためにあがないの供え物として、御子をおつかわしになった。ここに愛がある。愛する者たちよ。神がこのようにわたしたちを愛して下さったので あ るから、わたしたちも互に愛し合うべきである。神を見た者は、まだひとりもいない。もしわたしたちが互に愛し合うなら、神はわたしたちのうちにいまし、神 の愛がわたしたちのうちに全うされるのである。」(第一ヨハネ4:9-12

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...