世から選び出された者として

j
2024年4月10日

ひとしずく1504- 世から選び出された者として

自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。
 

イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。 

「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく がよい。もしあなたがたがこの世から出たものであったなら、この世は、あなたがたを自分のものとして愛したであろう。しかし、あなたがた はこの世のもので はない。かえって、わたしがあなたがたをこの世から選び出したのである。だから、この世はあなたがたを憎むのである。」(ヨハネ15:18,19)

上記の聖句のポイントを箇条書 きにしてみると:

*  世はイエス様を憎んだ

*  世はわたしたちをも憎む

*  私たちはこの世のものではない

*  イエス様が私たちをこの世から選び出した

以下はパウロの言葉です。 

「あなたがたは、この世と妥協 してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きこと であるかを、わきまえ知るべきである。」(ローマ12:2)

*  私たちは、この世の見解と、むしろ異なるべきであり、この世に受け入れられるために心を用 いるよりも、神様に受け入れていただくことに、専念すべきなのです。

他にも私たちは、この世に生き ていますが、異なる存在、異なる使命を持っていることを示している数多くの聖句があります。

「主はあなたがたを選んで、独 特の民とされた」(申命記14:2)

「あなたがたがわたしを選んだ のではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつま でも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんで も、父が与えて下さるためである。」(ヨハネ15:16)

*  主のご計画と選びがあります。 それは実を結ぶという主のご計画です。

「わが思いはあなたがたの思い とは異なり、わが道はあなた方の道とは異なっている。天が地よりも高いように、わが道はあなたがたの道よりも高く、わが思いはあなたがた の思いよりも高い。」(イザヤ55:8,9)

「生まれながらの人(世俗的な 見方をする人)は、神の御霊の賜物を受け入れない、それは彼には愚かなものだからである。また御霊によって判断されるべきであるから、彼 はそれを理解することができない。」(第一コリント2:14)

*  神の思いと方法は、人のとは異 なります。

この世はこれからますます暗く なっていくでしょうが、そうなればなるほど、世から選ばれた者として、この世に私たちを使わされた方の業を終えるために、主の恵みによっ て強められていくことでしょう。主が私たちを選ばれた目的とご計画を果たして下さいますように。また私たちも従順に主に従って行く事に よって、その御業を見させて頂けますように。

「あなたがたは、地の塩であ る。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふ みつけられるだけである。あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。また、あかりをつけて、それを枡の下にお く者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そし て、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。」 (マタイ5:13-16)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...