創造主に似せて創られた私たち

j
2024年4月7日

ひとしずく767-創造主に似せて創られた私たち (2012年のひとしずく再配信)

 秋田でのバイブルキャンプに参加している小中学生たちは、二日間に渡り、はがきサイズのカードに、夢中になって絵を描き、祈りの言葉を書いてくれました。皆の協力で150枚の素敵なカードが出来上がりました。これを今日、子供たちと被災地の仮設住宅に住んでいる人たちに配りに行きます。
 カードに使われたこれらの紙は親切な方がくださったものです。そして色鉛筆もうちの子供がプレゼントとして頂いたものです。
 何時間もかけて描いている時、彼らは「こんなに楽しいのは久しぶり」などと口にしていました。
 被災地を訪問するにあたって、自分たちに何ができるのだろう?と考えていた時、主は私たちが持っているもの、またキャンプに参加している子供たちの才能のことを思い起こさせて下さいました。そして、このカード作りをすることを導かれたのでした。聖霊は、この喜んで自分にできることをしたいという子供たちの思いを祝福し、思いやりをもって、そして楽しくカードの絵を描いたり祈りの言葉を書くのを助けてくださったのでした。
 数日前には白紙であったカード・・・その紙は、子供たちの愛と熱意によって、そして何よりも聖霊からくるインスピレーションによって、励ましと慰めと愛のメッセージカードとなりました。


 ところで、神様はこの宇宙の全てを創造された方です。そして私たちは、その神様に似せて創られたと聖書にあります。神様が創造される方であるなら、私たちもまた創造する者として創られているのではないでしょうか?

励ましを必要としている人たちのために何ができるかを考え、意味を持たない白紙のカードを、心をこめたメッセージカードに変える。そしてそれを作り出している時に自分自身も変わります。自分を忘れて、他の人のことを思いやっている自分は、以前の自分とは異なります。また、そんな自分と同じビジョンをもって取り組む仲間たちが、自分を取り囲み、自分の周りの世界も変わります。そして自分たちが作り上げたものを受け取ってくれる人たちの世界も変わって行くのです。
 それは本当にちっぽけなことかもしれないけれど、それでも確かに世界を変えているのです。世界を変えるということは、言い換えるなら世界を造っているとも言えるのではないでしょうか。

私たちは自分たちでこの世界を造り出し、その世界に生きて行くのです。そうであるなら、もっともっと主の愛の霊に満ちた世界を築いて行こうではありませんか?ほんの少しずつでもいい、聖霊のささやきに耳を傾け、自分たちにできる何かをして・・・。

 「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう…』」(創世記 1:26新共同訳) 

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...