神の子としての立場で

ひとしずく762-神の子としての立場で

 東京に来て、久しぶりに近くの大きな公園を散歩していました。拡張工事が終わってもう数年も経つその公園を眺めながら、こうなる計画だったのか・・・あの時は気づかなかったな・・・と思っていました。拡張工事が行われていた頃、私はこの付近に住んでいたので、毎日のようにこの公園を散歩していました。そして工事のフェンスに覆われている部分がどのように出来上がるのか、とても楽しみにしていたものです。私は勝手に想像を巡らせて、静かに瞑想できる自分の理想の公園を思い描いていました。しかしそんな予想に反して、多くの人たちがジョギングやウォーキング、犬の散歩などをする賑やかな公園が今、私の目の前に広がっています。
 自分がいかに勝手な想像を働かせていたかと思うと、おかしくなります。私は、今では柵の無くなった芝生の上に立って、人の歩く姿を眺めていました。そこは、私が以前毎日のようにフェンスの窓を通して覗いて立った場所です。考えてみれば、人家がひしめいているこんな所にできる公園が、自分の望んでいたような静かな公園に造られるはずなどなかったのです。
 「人はその願うものを見ている」という言葉を聞いたことがありますが、その言葉に、なるほどと思わされます。そして私がもう一つ思うのは「願うもの」というのは、その人が今どんな「立場」にあるかによって違ってくるのだということです。 例えば、小さな子供を持っている親の立場なら、遊具のある公園を望んだでしょう。運動の好きなスポーツマンという立場なら、充実したスポーツ施設が公園内にあることを望んだでしょう。
 また私のように、静けさと祈りの場所が必要な立場にあるなら、ひっそりとした公園を望んだことでしょう。もし私が、この公園が地域の住民皆に喜ばれるものとなるためにどうしたら良いかと、住民のことや全体的なことを考えている都市公園事業の担当者の立場であったなら、きっとそのビジョンも違ったのでしょう。 これは人生にも同じことが言えると思います。人生のビジョンとは、その人がどのような立場で、それを願い求めているかによって異なってくるのだと思います。では、私たちの置かれている立場とはどのようなものなのでしょう?聖書は、私たちがどのような立場で、何を望むべきかについて教えてくれています。  私たちの立場とは、神の子としての立場であり、その立場にあって、私たちは願い求めるのです。
 神様が御子イエスによってあがなってくださったために、私たちは神の子とされました。神は子として、私たちを限りなく愛しておられます。そのためには命さえ惜しまないほどに。(ヨハネ1:12,13)
 そして愛であられる永遠の神様が、時空に制限されたこの地上の世界に私たちを置かれました。それは、神様の愛と光をこの地上で輝かせるためです。 私たちは皆それぞれに、自分の人生にビジョンを持って生きていますが、それは何に立って見ているビジョンなのか、吟味してみる必要があると思います。私たちのビジョンとは、神の子としての立場から見たものであり、私たちの全ての言動も、やはり神の子としての立場から生まれるものであるべきなのだと思います。神の子としての立場になれば、神様の喜ばれることも、悲しまれることも、よくわかることでしょう。そしてもっと、神の御心に適った生き方ができるようになって行くのではないかと私は思います。どうか、私たちが神の子としての自覚をしっかり持って生きることができますように。 「肉に従う者は肉のことを思いに従う者は霊のことを思うからである。」(ローマ8:5)

このように、あなたがたはキリストと共によみがえらされたのだから、上にあるものを求めなさい。そこではキリストが神の右に座しておられるのである。 あなたがたは上にあるものを思うべきであって、地上のものに心を引かれてはならない。 あなたがたはすでに死んだものであって、あなたがたのいのちは、キリストと共に神のうちに隠されているのである。(コロサイ書 3:1-3 )

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...