誰のためにしているのか?

誰のためにしているのか? (2013年2月 ひとしずく1091)

 こんな話を読んだことがあります。

それはイエス様とペテロのお話です。

「ある時、イエス様が弟子たちに言いました。『さあ、石を拾って、私について来なさい』

弟子たちはそれぞれ思い思いの石を拾いましたが、その中でもペテロは誰よりも小さな軽い石を拾ってイエス様について行きました。お昼頃になるとイエス様は、「ではこの辺りでお昼を食べることにしよう。さっき拾った石を取り出しなさい。」と言いました。見ると、弟子たちが拾って運んだ石はパンに変わっていました。ペテロは誰よりも小さなパンを食べ、少し不服に感じました。その後、またイエス様が「石を拾いなさい」と言われました。ペテロは今度は誰よりも大きな重い石を拾い、それを担いで汗だくになってイエス様について行きました。大きな期待をもって・・・。

しかし、ある川のほとりまでくると、イエス様はこう言われました。「さあ、さっき拾った石をこの川に捨てなさい」と。何とヘトヘトになって運んだ石は、ただ捨てるためだけの石だったのです。

弟子たちは運んだ石を皆、川に捨てました。ペテロは大いに不満でした。何のために苦労して一生懸命運んだのだ・・・。

すると、その不平な気持ちを見破られたイエス様は、ペテロにこう言ったのでした。

『あなたは一体誰のために、誰を喜ばせるために、それをしているのか?』と。」

このイエス様の問いかけに、ドキッ!としない人は、おそらくいないことでしょう。私は、この憐れなペテロを誰が笑えるだろうかと思います。

私たちクリスチャンは常に主の御旨を思い、主に喜ばれることをするように心がけてはいるつもりでも、それがいつしか主の御心から脱線していることがあります。時に私たちは、主が祝福しようと思われているのに、軽石を運ぶような軽い代価で済ませようとしたり、あるいは自分の益のために重い石を運ぶような時があるのではないかと思います。そして、その自分のしていることに気がつかないでいるのです。そんな時には、このイエス様の問いかけに耳を傾け、自分の思いと信仰を吟味してみると良いかもしれません。

「あなたは一体誰のためにそれをしているのか?誰を喜ばせようとしているのか?」

それがイエス様ではなく自分であるなら、このペテロのように、自分の期待通りに行かない時、不平不満でいっぱいになってしまうことでしょう。逆にそれがイエス様のためであるなら、その結果がどうであろうと、主の喜びで満たされているのではないかと思います。

他の投稿もチェック

命あるうちに

ひとしずく1507--命あるうちに (2014年配信のひとしずく再配信)...

隣 り人を愛する

ひとしずく1505-隣 り人を愛する 今日は、午後からの自治会に参加させて頂きました。会計報告や行事予定などについての話がありましたが、そうした中で、村としてお互いを助け合うことの大切さが話に出ました。 最近村であった出来事が話題にのぼりました。それは、80歳代の一人暮らしの高齢者が、脱水症状で倒れてしまったのです...

世から選び出された者として

ひとしずく1504- 世から選び出された者として 自分たちの考え方が、この世の 考え方と異なるとわかったからと言って、自分たちが間違っているかもしれないと早合点するべきではありません。私たちはこの世とは異なっ て当然であり、異なるように造られ、選ばれているのですから。  イエス様はこの世と私たちの関 係について、聖書のヨハネの福音書の中で、私たちに警告を与えています。  「もしこの世があなたがたを憎 むならば、あなたがたよりも先にわたしを憎んだことを、知っておく...