主は祈りを待っておられる

主は祈りを待っておられる (2013年2月 ひとしずく1086)

 頭の中で漠然と思っている願いと、祈りの言葉をもって、神様にお願いすることとは違うと思います。 私は昨日、あるメッセージをまとめる必要がありました。しかし、それは私にとってはとても困難で大仕事に思えるものでした。
 こういう時私は大抵、ただ悶々としてしまったり、取りかかるのを後回しにしてしまったりします。しかし、今回は違いました。昨日のひとしずく、「祈りの力」の引用句に力づけられて、ああ、できない、と逃げてしまうのではなく、祈りの力に頼ることにしたのです。祈りのパートナーに祈りのリクエストを送って祈ってもらい、私自身も奇跡を期待して、思いと体をしつけて、まず静まり、祈りを言葉にして主にお願いしました。思いが導かれるように、また書くべき言葉を主が与えて下さるように、と。 すると主は、その祈りに応えて、私にその言葉を与えて下さったのでした。素晴らしいです。まだ不十分と思える箇所について、さらにもっとクリアに示してくれるように祈ると、やはり主は答えて下さいました。自分の力ではないとはっきりわかりました。 私は、全能の主が、こんなちっぽけな自分を助けて下さったのだとわかって、嬉しいというか、幸せな気分になりました。自分一人では決してできなかった大仕事を、突然現れた助け手たちの力によって、あっという間にやり終えることができたような感じで、本当に主に感謝したのでした。
 もし、イエス様にお願いしなかったら、もう一日、さらに一日と、いつものようにだらだらと、この仕事を延期してしまっていたことでしょう。主に尋ね、助けを求めることは本当に割に合います。 私たちは、もっともっと、この祈りに頼って生きるべきなのだとつくづく思いました。 しかし、それが出来ないでいるのは、もしかしたら私たちは、こんなことを主にお願いしても良いのだろうかとか、あまりにも色々なことをお願いし過ぎて、主にうんざりされてしまうのではないかと、考えてしまうからなのかも知れません。それが祈りに対する信仰を妨げてしまうのです。 しかし主は、私たちがお願いし過ぎて、うんざりするような方ではありません。むしろ、私たちのことを愛して止まない主は、私たちに「求めなさい」と言っておられるのです。
 主は、与えたくてたまらないのだと思います。そして祈りに答えたいし、どうしてもっと求めないのか、と思っておられるのではないでしょうか? 主は御心に適ったことであるのなら、何でも私たちの願いを叶えて下さいますし、そうされたいのです。
 主は、権威を楯にとるような王ではありません。そんなことまで、求めるとは何と図々しいのか、などとも言われません。なぜなら主は、私たちを僕ではなく、親しい友、恋人のように思っておられるからです。 その親友や恋人の願いに応えたい、そしてもっと甘えてほしいとさえ、主は思っておられるのだと思います。その愛を信じて、憚ることなく主に近づき、心の願いを打ち明けようではありませんか。 主はあなたのことを、あなたの祈りを待っておられます。

 「人がその友のために自分の命を捨てること、これよりも大きな愛はない・・・わたしはもう、あなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人のしていることを知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼んだ。わたしの父から聞いたことを皆、あなたがたに知らせたからである。」(ヨハネ15:13,15)   「今までは、あなたがたはわたしの名によって求めたことはなかった。求めなさい、そうすれば、与えられるであろう。そして、あなたがたの喜びが満ちあふれるであろう。」(ヨハネ16:24)    

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...