キリストの体 パート2

キリストの体 パート2 (2013年2月 ひとしずく1079)

「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」(第一コリント12:27)手には手の苦労があり

足には足の苦労があり

背中には背中の苦労があり

目には目の苦労がある

他の肢体には、理解されない痛みを

それぞれが持っている

足の苦労を手には理解できず

手の苦労を背中が理解することはできない

それぞれの必要とするものも違う

手のあかぎれに塗るクリームと

足の筋肉痛をおさめる湿布薬

目の充血を和らげる目薬

それぞれを覆うものも違う

頭は帽子、手は手袋、胴体は服、目はメガネ

それぞれは異なったそれぞれの世界に置かれている

造られた様が違い、視点が違い、働きが違い、必要が違う

互いのために、自分の召しを果たし、互いを支え合う

左手が痛めば右手がカバーする

目や耳などの仕事は、他の肢体には代わることはできないけれど

弱くなった肢体をカバーしつつ、その目標に向かって突き進む

私たちもそれぞれがイエス様の体のどこかの肢体

どの肢体も偉くはなく、また劣ってもいない

ただ、一つの体として、一つの思いをもって

イエス様に用いられるだけのこと

比べ合わず、互いを支え、協力し合って進むのみ「からだは一つ、御霊も一つである。あなたがたが召されたのは、一つの望みを目ざして召されたのと同様である。主は一つ、信仰は一つ、バプテ スマは一つ。 すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのものの内にいます、すべてのものの父なる神は一つである。しかし、キリストから賜わ る賜物のはかりに従って、わたしたちひとりびとりに、恵みが与えられている。」(エペソ4:4-7)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...