キリストの体 パート2

キリストの体 パート2 (2013年2月 ひとしずく1079)

「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」(第一コリント12:27)手には手の苦労があり

足には足の苦労があり

背中には背中の苦労があり

目には目の苦労がある

他の肢体には、理解されない痛みを

それぞれが持っている

足の苦労を手には理解できず

手の苦労を背中が理解することはできない

それぞれの必要とするものも違う

手のあかぎれに塗るクリームと

足の筋肉痛をおさめる湿布薬

目の充血を和らげる目薬

それぞれを覆うものも違う

頭は帽子、手は手袋、胴体は服、目はメガネ

それぞれは異なったそれぞれの世界に置かれている

造られた様が違い、視点が違い、働きが違い、必要が違う

互いのために、自分の召しを果たし、互いを支え合う

左手が痛めば右手がカバーする

目や耳などの仕事は、他の肢体には代わることはできないけれど

弱くなった肢体をカバーしつつ、その目標に向かって突き進む

私たちもそれぞれがイエス様の体のどこかの肢体

どの肢体も偉くはなく、また劣ってもいない

ただ、一つの体として、一つの思いをもって

イエス様に用いられるだけのこと

比べ合わず、互いを支え、協力し合って進むのみ「からだは一つ、御霊も一つである。あなたがたが召されたのは、一つの望みを目ざして召されたのと同様である。主は一つ、信仰は一つ、バプテ スマは一つ。 すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのものの内にいます、すべてのものの父なる神は一つである。しかし、キリストから賜わ る賜物のはかりに従って、わたしたちひとりびとりに、恵みが与えられている。」(エペソ4:4-7)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...