3.11 永遠への始まり

3.11 永遠への始まり  (ひとしずく748)

 今日は、3月11日です。この一年 を振り返って、被災した人たちの失ったものの大きさ、まだ山のように残っている瓦礫となかなか進まない復興、原発問題、先の見えない生活、そして愛する人を失った大勢の方たちの悲しみを考えると、心が痛みます。しかし、そのことで、祈っていると、聖霊が、この一年を振り返るなら、永遠に続く価値あるものがたくさん始まった一年として見ることを教えてくれたように思いました。

分け合うことが始まりました
助けることが始まりました
生きることが始まりました
希望が始まりました
それらは永遠です

多くの人がスタートを切りました
愛と慰めのすばらしさを実感して、永遠に続く愛のスタートをしたのです
共に働く事、助け合うことのスタートをしたのです
応援し、助けの手を差し出すスタートをしました

この一年は
愛のこだま
愛の波紋
愛の呼びかけ
愛のムーブメントの始まりの年だったのです

あなたもそのスタートに加わりなさい。
まだ遅くはないのです

今が始まりです
今があなたの手を伸ばす時
今が癒しの時
今が慰めをもたらす時
永遠へのスタートが
今始まるのです
 
失ったものを数えてはいけません
神の目に尊いのは
助け合いであり
与えることであり
慰めであり、
手を差し出すことであり、
分ち合いです。
そして、希望を持って進み続けることです
 
永遠の中で、
ローマ帝国も、
あらゆる大帝国も
また町も村も、
興っては、亡くなって行きました
それは、塵と化し、いつかは消え去ります
しかし、愛は永遠なのです
 
あなたを愛する人
あなたを育んでくれた愛
気遣ってくれた愛の姿を
あなたは将来
はっ きりと
顔と顔を合わせて
見る事になります
 
その時まで愛を信じて
希望をもって
生きてください
愛は決して破れることはないのです
生きる事は愛することであり
愛は永遠に続くからです

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...