3.11 永遠への始まり

3.11 永遠への始まり  (ひとしずく748)

 今日は、3月11日です。この一年 を振り返って、被災した人たちの失ったものの大きさ、まだ山のように残っている瓦礫となかなか進まない復興、原発問題、先の見えない生活、そして愛する人を失った大勢の方たちの悲しみを考えると、心が痛みます。しかし、そのことで、祈っていると、聖霊が、この一年を振り返るなら、永遠に続く価値あるものがたくさん始まった一年として見ることを教えてくれたように思いました。

分け合うことが始まりました
助けることが始まりました
生きることが始まりました
希望が始まりました
それらは永遠です

多くの人がスタートを切りました
愛と慰めのすばらしさを実感して、永遠に続く愛のスタートをしたのです
共に働く事、助け合うことのスタートをしたのです
応援し、助けの手を差し出すスタートをしました

この一年は
愛のこだま
愛の波紋
愛の呼びかけ
愛のムーブメントの始まりの年だったのです

あなたもそのスタートに加わりなさい。
まだ遅くはないのです

今が始まりです
今があなたの手を伸ばす時
今が癒しの時
今が慰めをもたらす時
永遠へのスタートが
今始まるのです
 
失ったものを数えてはいけません
神の目に尊いのは
助け合いであり
与えることであり
慰めであり、
手を差し出すことであり、
分ち合いです。
そして、希望を持って進み続けることです
 
永遠の中で、
ローマ帝国も、
あらゆる大帝国も
また町も村も、
興っては、亡くなって行きました
それは、塵と化し、いつかは消え去ります
しかし、愛は永遠なのです
 
あなたを愛する人
あなたを育んでくれた愛
気遣ってくれた愛の姿を
あなたは将来
はっ きりと
顔と顔を合わせて
見る事になります
 
その時まで愛を信じて
希望をもって
生きてください
愛は決して破れることはないのです
生きる事は愛することであり
愛は永遠に続くからです

他の投稿もチェック

信じて求める

 信仰の歩みはこの世の尺度で測れないし、計算できるものではない。そしてうまい計略が通用するものでもない。  神の導きに信頼して、一歩踏み出したら、わき目をふらずに歩んだらいい。(創世記19章15節)  ロトの妻は、振り返って塩の柱にされてしまった。(創世記19章26節)  私は明日のことを知らない。神は時間を超えておられる。だから神の言われたことに信頼して従う。行先を知っておられる方が導かれるから。(ヘブル11章8節)  私たちに良いわざを始められた方が、その日までに完成してくださるのだから。(ピリピ1章6節)...

悪霊との戦い

悪霊との戦い 時には、悪霊との闘いが長く続くように思える時があります。しかし、戦いは、必ず、終わります。神の許しがなければ、神の愛する者には、何一つ起こりません。 神が小さなスズメを気遣っておられるなら、私たち悪霊に悩まされている者はなおさらです。 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。 またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。 それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。(マタイ10章29-31節)...

いつまでも…

いつまでも... イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。 (ヘブル13章8節) この同じ方が、過去も現在も未来も、神であられるなら、それに仕える者の生き方も同じものに変えられていく…  過去における悔い改めた生き方、現在の呼びかけに応える生き方、将来の約束の成就を待ち望みつつ歩む生き方… すべては、私たちを選び、召し、聖くして下さろうとしておられるイエス・キリストによります。...