傷つけても、包んでくれる神

傷つけても、包んでくれる神 (2011年のクリスマス ひとしずく665)

 今日、ボランティアの人たちがあまり行かないという場所に、主に導かれて行っ てきました。幸い土曜日だったので、仮設住宅には子供たちや若者たちが結構いて「クリスマスプレゼントでーす!」と言うと、顔を輝かせて喜ん でくれました。
 そして「おーい、クリスマスプレゼントだって!!」と言って、奥にいる家族を 呼んで、
皆で、とても深いお辞儀をして感謝してくれたのでした。
 
  この仮設住宅に到着するまでの道沿いには、今まで行った被災地の中でも、特にひどい津波の爪痕が深く残っていました。海岸線を走っていると、 片側には、か つて建物があったであろう家の基礎だけが残っていたり、壁がなくなり柱と屋根だけとなった建物も幾つも見かけました。どの家屋も住める状態で はありませ ん。かつて漁港にそって存在した集落には今は、人が一人もいないのです。
 道のもう片側には、海がキラキラと太陽の光を受けて輝いています。穏やかなそ の海の様子からは、大勢の人たちや家屋を一瞬にして呑み込んだ獰猛さは、なかなか想像できません。
 その海を見ていると主がこう語りかけているように思えました。「波にのみ込ま れた人たちは、キラキラ輝く天国に先に連れていってもらったんだよ。彼らは安全な場所、平和と喜びと栄光の場所に行ったから心配ないんだよ」 と。
 
 主はその知恵とご計画によって、大勢の人を天国に連れ帰られることを良しとさ れました。私たちは、その主のなさることに疑いを投げかける必要はありません。主は、全てを知っておられ、最善のタイミングでそれをなされた のです。
 そして主は明らかに、地上に残された人たちに、たくさんの慰めと励ましを送っ ておられるのを感じます。
 その海の美しさに、町の人々はどんなに慰められていることでしょう。また仮設 住宅に住む人たちへの、色んな人たちからの支援もあります。
  私が行った仮設住宅の扉には、ボランティアの人たちが作ったらしきクリスマスリースが飾られていました。そして、私がマフラーを差し上げると 「よかった。 帽子はもらってあるんだ。」と言っていました。また家の玄関には炭で焼いて苗字を浮き立たせた素敵な表札が掲げられていました。 
 あまりボランティアの人が来られない場所とはいえ、主が慰めのために送られた 人たちが幾人もいたことが伺えました。主は、きっと大勢の人たちを使われたのでしょう。

 悲しみがあるから
 慰めがある
 傷があるから
 癒しがある
 一人ではできないから
 助け合いがある
 欠乏があるから
 受ける喜びがある

 私たちの心を豊かにしてくれる
 悲しみと
 欠乏と
 別離と
 傷と…

 それが神様の手の内に
 計画され
 起こることが許されたのなら
 
 きっとそこには
 慰めと
 供給と
 癒しと
 再会と
 赦しが
 あるに違いない

 「彼(神)は傷つけても、包み、打っても、その御手で癒してくださる」(ヨブ 5:16 新共同訳)

「永 遠の真理の新しい、実りゆたかな種子がわれわれの心に落ちて、そこに根をおろすことができるには、その前に不安という鋭い、深く切り込む犁 (すき)の刃 が、われわれの心のあとからあとから生じる硬い殻を、いくども切り開かねばならない。このような過程を経ていないと、実際に人生の根底にある 本当に真実なものに対 していつまでも無感覚でいるであろう。われわれは多くの人生経験をつむことによって、全く苦難のない生活をもはや願わないという心境に達す る。これが『永遠の平安の状態』である。この地上では、苦難こそがわれわれの悪い性質からわれわれを守ってくれる、われわれの変わりない番人 である…」(「眠られぬ夜のために 第一部」八月三十一日 ヒルティ著)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...