目を覚ましていなさい

j
2024年1月4日

目を覚ましていなさい (2011年3月12日配信 ひ としずく390)

< ちょうど東北大震災のあった2011年3月11日の聖書のクラスで、皆が集まっていた時に、地震が起りました。少し静まった時、主が何か語られたいことはないか、主に尋ねまし た。すると、主は次のようなメッセージを与えて下さいました>

 (イエス様からのメッセージ)

終 わりの時のしるしの一つとして地震があることを私はあなたがたに警告している。あなたがたは神の子としてこの世に生きているのだか ら、私を知らない者たち のように、霊の内で眠ってしまうことのないように、私があなたがたに語っておいたこれらの時のしるしに気づきなさい。賢くない乙女達 が自分勝手 な生き方をして、花婿が訪れた時に、自分の油を絶やしてしまっていたような、そんなことにならないように気をつけていなさい。あなた がたには真の知識が与 えられ、また今の時代をどのように生きるべきか私は聖なる言葉を通して、すでにあなたがたに語っている。だからこれらのことを思い起 こしなさい。目をさま して祈って いなさい。そして何が永遠に渡って価値あるものであり、真に私の国のために実を結ぶものであるかよく考え、賢い僕となって時を生かし て用いなさい。私はあ なたを強くする。そして私に導かれるなら、私はあなたを必要な時、必要な場所、必要を抱えた人へ導く。これら全てを使って私は人々の 心に語りかけようとし ている。こ れはこの国の人たちにとっては大いにショックを与えるものであるが、彼らはそれを必要としている。まずあなたがた自身が、この私の思 いを持つ事によって、 一歩を踏み出しなさい。霊のうちで大いなる邪悪な力が働いている。そして私は私のために働く者たち、私の霊の軍勢と共に働く者たちを 必要としている。私は あなたがた に何が起っているか知っていてほしい。だからこうした機会を通してあなたがたに語れることを私は喜んでいる。またこうした地震や他の あらゆることを通し て、私は他の人々にも目を覚ましてほしいと思っている。この世の者たちは何が起っても私のところに立ち返ることをしない者が大勢いる が、しかしその中に私 の羊である者 たちもまた大勢いる。これらの時のしるしによって目をさます者たちが。もしあなたがたがそうした者たちに私の言葉を伝えることができ るなら、彼らはさらに 早く私のところにやってくることができる。だから目を覚ましていなさい。時を生かして用いなさい。私はこの民を愛してるがゆえにこの 国の中に散っている私 の羊たちを 探し出すために、また私の胸に引き寄せるために、これがあえて起るのを許している。

私につながっていな さい。そうすれば私はあなたがたとつながっていよう。そして私はあなたのために保護の盾となり砦となって、あなた を助け守ろう。

引 き続き私の光となりなさい。私はこの終わりの時に当たって益々あなたがたのような者たちを必要としている。そしてあなたがたが今まで 奉仕に関して忠実で あったことを喜んでいる。私はあなたがたがわずかな力しか持っていなかったことを知っているが、あなたがたは一生懸命、私に従おうと してきてくれ た。

闇が益々深まっていく中で、あなたがたの小さな光はより力 強く輝く。

すべての者が耳を傾 けるようになるわけではないががっかりしてはならない。私の羊は私の声に聞き従う。だからおじけず、恐れることなく、私があなたがた に与えるメッセージに忠実でいなさい。

私のためにしたこと だけが永遠に続く。たとえこの世と世の中にあるものとが過ぎ去っても、私のためにしたことは永遠に至る実を結ぶようになる。だから賢 い時間の使い方をしなさい。(マタイ24章を参照)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...