クリスマスの奇跡 -6

j
2023年12月4日

12月4日 必死の祈り クリスマスの奇跡 パート六 (ひとしずく一三九五)

 あなたがたのうち主を恐れ、そのしもべの声に聞き従い、暗い中を歩いて光を得なくても、なお主の名を頼み、おのれの神にたよる者はだれか。(イザヤ五十章十節)

 真っ暗闇の中で、どんなに必死に祈っても、祈りなど聞かれないように思える時があります。この時の私はまさしくそんな状態でした。しかし、そんな時でもやはり私たちの嘆きと叫びと呼び求める声に耳を傾けてくださっている主がおられるのです。

 Aさんがいなくなってから、私は、どうしようもなく醜くて利己的な自分に嫌気がさしていました。私は暗闇の中にいたのです。以前の私だったら死にたい気持ちになっていたかもしれません。いえ、この時もそんな気持ちにとても近かったと思います。しかし、一つ以前の私と違っていたのは、主を知っていたこと、そして聖書の言葉を読んでいたことです。
 私は部屋にこもり、食べ物もろくに口にすることなく、ただ答えを求めてひたすら聖書を読み続けました。聖書を読むことは、イエス様に出会ってから数年間に亘る私の習慣でしたが、Aさんが出て行ってからは、いつにもまして寝ても醒めてもひたすら聖書を読み続けていました。そして祈りました。その祈りはうめきのようで、「主よ、こんな私でいたくありません。どうか救って下さい。私自身から救い出して下さい」というような祈りだったと思います。まさしく絶望的な祈りでした。祈っても祈っても、何の手応えもないように思えても、それでも私には祈るしかありませんでした。

そんな祈りをしながらの悶々とした日々の七日目のことです。ついに主は、私の苦悩の祈りに答えてくださいました。

Aさんが突然、ガラッとアパートの引き戸を開けて姿を現わしたのです。そして、Aさんは思いもよらぬ人たちを連れてきたのでした。雪の降り積もる寒い日のことでした。(続く)

この苦しむ者が呼ばわったとき、主は聞いて、すべての悩みから救い出された。(詩篇三四篇六節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...