クリスマスの奇跡 -3

12月1日 Aさんのこと クリスマスの奇跡 パート三 (ひとしずく一三九二)

  図書館のロビーのテーブルに向かい合って坐った彼は、なかなか言いにくそうでしたが、ついに一言、こう言いました。「食べ物がないんだ」 と。

  私は「あ、おなかを空かしていたんですか?それなら、ここにジャガイモがありますから、私のアパートで食べましょうか?」と言いました。 すると彼は驚いた顔で「え、いいんですか?」と言うので、「ああ、いいですよ。じゃ、一緒に行きましょう。」と一緒に席を立ったのでした。   

  彼は半信半疑だったのでしょう。何かきつねにつつまれたような顔をして、私が進む雪道をついてきました。

  アパートで、茹でたジャガイモを食べながら、私は色々と彼に質問しました。そして分かったことは、だいたい次のようなことでした。

  彼は刑務所から出て来たばかりで、駅の待ち合い室をねぐらとし、人を恐喝してはお金を巻き上げて食をつないでいたということです。

  後で考えてみたら、私がケーキを駅にいたホームレスの人たちに持って行った時、きっと彼もそこにいたのではないかと思います。私は幾人に もケーキをあげて、その人たちの顔は全く覚えていません。しかし、彼が駅の待ち合い室に寝泊まりしていたとすれば、私がケーキを配っていた時、彼もそこにいて、ケーキを受け取っていたことでしょう。そして、もしかしたら彼は、私がケーキを気前良く人に与えているのを見て、 もっと何かもらうことができるかもしれないと思って、私が図書館に行く所を待ち伏せしていたのかもしれません。

  彼は、何度か刑務所を出たり入ったりしていたようでした。そして、仕事を始めたいのだけれど、なかなか雇ってもらえないと言っていました。それで何ができるのかと尋ねたら、「大型車の運転ができる」と答えたので、それなら、きっと仕事は見つかるだろうと思いましたが、さらに尋ねると、運転はできるけれど、無免許なのだとわかりました。

また字を書くのもままならないということでした。彼はやっと自分の名前を書くことができるぐらいで、他の漢字はほとんど読めないというのです。

  とにかく彼には何も無かったのです。私は「じゃ、仕事が見つかるまで、ここにいたらいいですよ」と言いました。

  それから、私は彼と、その小さなアパートに一ヶ月半の間、一緒に生活することになったのです。

  私は彼に毎日のように聖書の話を教えました。教会には一度、連れて行きましたが、彼はかしこまった場所は苦手で、もう二度と行こうとはしませんでした。刑務所の中で、牧師や神父、またお坊さんの話はたくさん聞いたというのです。それで、教会に行こうとしないAさんと、アパートで一緒に祈ったり、聖書の話をしたりしました。

  ある時Aさんは、ホームレスの仲間を一人連れてきたこともあります。その人とも簡単な食事をし、聖書の話をしたりしました。

  私は自分のための食べ物というのはあまりありませんでしたし、お金もほとんど持っていませんでした。わずかの食べ物とわずかのお金を二人で使うのですから、たちまち食べ物もお金も無くなってしまいました。

  しかし、そんな時、主は全く思いもかけない方法で、私たちを養ってくださったのです。(続く)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...