クリスマスの奇跡 -1

j
2023年11月29日

与えられたケーキ

12月29日 与えられたケーキ クリスマスの奇跡 パート一 (ひとしずく一三九〇)

 学生の頃、主イエス様と聖書に出会った私は、神様に自分を捧げたいという気持ちでいっぱいでした。毎日、昼になると大学の近くの小川に行っては、祈りを捧げていました。
 当時、どうにかしてイエス様の愛を他の学生たちにも知ってほしいと 願っていた私は、聖書研究会という学部をつくったり、またよく友達を教会に連れて行ったりしていました。しかし、それでも満足できず、どうしたら、より多くの人に主の愛を伝えることができるか、とそればかりを考え、それが私の一番の関心事になっていました。
 振り返ってみると、神様がそんな私の心の願いを如何に叶えてくださったかがわかります。

 その私の祈りの答えは、不思議な形で与えられました。

 ある日、大学の授業が終わり、私は学校の外に出たところの交差点で、他の何百人もの学生たちと信号が青になるのを待っていました。すると、横断歩道の向こうで、白衣姿の人が、こちらに向かって手を振って呼びかけているではありませんか。 横断歩道を渡ったところには、ケーキ屋さんがあり、その人はそのお店の人のようでした。
 私は、誰に手を振っているのだろうと思いつつ、信号が変わったので大勢の学生たちと一緒に横断歩道を渡り始めました。そしてもう一度、彼を見ると、どうやら私に手を振っているようでした。周りを見ても、手を振っている彼に気づいている学生は一人もいないようです。
 それで、私はその人に向かって、私ですか?というふうに自分を指して尋ねると、彼は、そうだ、そうだというふうにうなずいて手招きしています。
 そして何だろうと思って彼のそばにいくと、彼は何も言わずにいきなり私に箱を手渡し、すぐに去って行ったのでした。その箱を開けてみると、何とショートケーキが箱一杯に入っていました。

これは本当に不思議な体験でした。 お店を閉める時間でもないので、売れ残ったケーキというわけでもないですし、私はそのケーキ屋さんに行ったこともなく、その人とは全く面識はないので、ケーキをもらう理由など何もありません。なのに、どうして私にそのケーキをくれたのか、今でもわかりません。そして、もう一つ不思議なのが、その人は、他の学生には見えず、 私だけに見えていたようだったということです。しかもその人は、一言も言わず、ケーキの箱を手渡したのです。何もかもが不思議でした。    

今、振り返って考えてみると、もしかしたらこの人は、天使ではなかったかと思うのです。
 当時私は、一日一食、素うどん一杯の生活をしていました。奨学金や親からの仕送り、さらにバイト代などありましたが、そのほとんどを神様の御用にと捧げていたものですから、私の生活、特に食生活は本当にシンプルで、ケーキなどといったものはあまり口にすることもなかったのです。

そんな私の生活を全て知っているかのように、その人は、何も言わないで私にそのケーキをくださったのです。

そして、このケーキが、後の私の人生を、祈りの答えへと導くものになるとは、この時はまだ 夢にも思えませんでした。(続く)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...