小事に忠実な者

j
2023年11月25日

11月25日 小事に忠実な者 (ひとしずく1720)

 何年も前のことですが、ある国のリーダーが、テレビを通して国民に呼びかけているのを見 ました。そのメッセージに、私はどうしても腑に落ちない思いを抱きました。

 そのメッセージは、今は使い捨て時代なので、どんどん消費すべきだというものでした。

 私は、非常に貧しく何でも節約する母の生き方を見ていましたから、 物は大切にすること、また壊れたら直して使うこと、というのが、心のどこかにインプットさ れていたのだと思います。とにかく、その使い捨てという言葉は、どうしても受け入れ難いものでしたが、そんな私も、時代の流れに流され て、いつしか便利なもの、早く手に入るものを求め、それに依存して生活していたように思います。

 今は、田舎暮らしの中で、何でも大切にする田舎の先輩たちから、物をいたわること、節約 することの大切さを、改めて学ばせて頂いています。

 私たちは初め、油が漏れてしようがない耕耘機を借りて使っていまし た。しかし、ある方から、それほど古くない耕耘機を頂いたので、油漏れをする耕運機は、初 めに提供してくださった方に返したのです。するとその方は、この耕耘機が直せないかどうか、調べてみていました。しかし、どうしても直せ ないようだったので、息子と私に、そのメーカーに持って行って、みてもらってくれないかと頼みました。それでその人と息子と私の三人は、 その100キロ以上もの重さのある動かなくなった耕耘機を何とかして、軽トラに載せて、その販売店に持っていきました。折よく、ちょうどそのメカニックのサービスマンが出かけようとオフィスから出てきたところに、声を かけることができて、すぐみてもらうことができました。

 その人は、「これはもう部品が無いんですよ・・・」と言いながら、しばらく何か考えてい るようでしたが、突然、「ちょっと待っててください。チューブと針金でやってみましょう」と言って、正規の部品がないため、その場にある もので、その部品をつくってくれたのです。

 恐らく二十年以上も使っている機具なので、普通だったら、この製品の部品はもう作ってい ないので、どうしようもないです。と断られて終わりです。しかし、耕耘機は安くありません。古くてもこの油漏れさえなければ、立派にまだ 畑を耕せるのです。そして感謝する事に、店員の方は、お店の儲けも考えず、苦労して直してくださったのです。この、何とか直せるかもしれ ないと考えた耕耘機の持ち主も、またすぐに部品の代わりのものを造ってくださった店員も、どちらも、ものを大切にする精神がありました。 私は、素晴らしい事だと思いまし た。

 私たちも、田舎に引っ越してきてからというもの、自然の中で生活していて、ものを大切に したり、節約するという精神が身につき始めているように思えます。

 田舎だと木の枝や、木の切れ端を拾い集めて、薪とすることができますが、肥料袋に数袋、 集めたら、一日分の燃料になります。また、刈り取った雑草は乾燥させると、最高の肥料となり、何が混じっているかわからない肥料を使うよ り、ずっと安全でいいです。何よりも無料です。また、古くなった畳も、土に返して肥料にできますし、廃材を薪として燃やした後に出た灰も 肥料になります。

神様が与えてくださった自然の中に、恵み深い祝福の数々を発見 し、忠実に利用するなら、私たちの生活に役立つものがたくさんあり、改めて神様の偉大さに驚かされています。

そして私達は、何よりも神様からの最高の祝福に満ちたプレゼント である、イエス様を通しての贖いの救い、永遠の命という宝を頂いています。この宝は、イエス様が私達の罪の赦しのために死んで蘇られたと いう福音に基づくものです。

他の人達もこの福音に与ることができるように、この神様からの宝 を大切にし、また他の人達にも分け合うことができる忠実な者となれますように。

 

 小事に忠実な人は、大事にも忠実である。そして、小事に不忠実な人は大事にも不忠実であ る。(ルカ16章10節)

主人は言った、「よい僕よ、うまくやった。あなたは小さい事に忠実であったから、十の町を 支配させる」。(ルカ19章17節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...