静けさの中で

j
2023年11月24日

11月24日 静けさの中で

わたしは夜や、夜の明ける前に外を歩くのが好きです。

暗い外に出ると、それまでの忙しいモードを切り替える助けになります。冷たい外気も、疲れてほてった体を冷やす助けになり、静かに外を歩くと、心 を静める助けにもなります。

聖書の創世記1章5節には、「夕となり、また朝となった。第一日である」とあります。主が、夕方から朝までの間の暗い夜を造られた意図は何だったのでしょう? 

電気による明るい夜に社会全体が慣れてしまって、今では夜でも働き続けて当たり前ですが、その反面、次のような「時」が一日から押 し出されてしまうことがよくあるのではないでしょうか。

労働から離れて休息する時。家族や友人との団欒の時。心の静けさを保つ時。争いや仕事、夢中になっていること何であれ、一時中止して冷静に考える時。愛し合う時。コミュニケーションの時。人や状況から目を離し、神様の意思を仰ぐ時……。

明るいと、これらのことができないというわけではないのですが、どこかでストップをかけてもらわないと、いつまでも働き続けてしまう傾向が人間にはあるのではないでしょうか。人間のそのような弱さを主はご存知で、暗い夜を造られ、休むようにされたのだと思います。

主は六日間の創造のわざの後、七日目に休まれました。そしてその第七日を聖なる日とされ、私たち人間に何のわざもしてはならないと命じられました。人間に休むことを求めないなら、働き過ぎてしまうことをご存知だったからでしょう。働くこと自体が悪いというのではなく、命の源である神様か ら離れてしまうことが問題であり、それでは働きも的を外してしまいます。

イエス様は夜の明けるずっと前から、父なる神と交わることをされました。

朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。(マルコ1章35節)

そして聖徒たちの多くが朝の始まる前に神様との交わりのうちに、祈りの活動をしました。彼らは神様に祈って、神様と交わり、始まろうとする一日のための指示を受け取ったのです。すべては静けさの中で。

神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。(創世記2章2、3節)

安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざもしては ならない。(出エジプト20章8~10節)

あなたがたは怒っても、罪を犯してはならない。床の上で静かに自分の心に語りなさい。(詩篇4章4節)

主の救を静かに待ち望むことは、良いことである。(哀歌3章26節)

すべて肉なる者よ、主の前に静まれ。(ゼカリヤ2章13節)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...