主はこの日を知っておられる

j
2023年11月13日

11月13日 主はこの日を知っておられる

ある人が、何か自分が真に有益なことができたなら、それは神が、良い時良い場に、自分を置いてくれたからだというようなことを言っていました。

今、思うと、自分の通ってきたあらゆることが、ただ

この私の弱さ脆さを良く知っておられる神が、知恵をもってご配慮して下さっていたと思います。

当時、失敗や難儀に思えたことも、今振り返ると、ただ神様の御配慮の下に守られ、供給されていたことを思います。

また大きな間違いのように思えることも、そして自分の罪深さを悟らせ、もっと神に頼って生きることを教えてくれたと思います。結局のところ、人は生かされているのであって、神様は様々な世話を注いでくださって、存在できているのです。それが神からの直接の世話であろうと、人を通してのものであろうと、神によるのです。

考えると、それらが起こったのは、パーフェクトなタイミングであったのです。

「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある。
 生きるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、植えたものを抜くに時があり、 殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、
 泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、踊るに時があり、 石を投げるに時があり、石を集めるに時があり、抱くに時があり、抱くことをやめるに時があり、
 捜すに時があり、失うに時があり、保つに時があり、捨てるに時があり、 裂くに時があり、縫うに時があり、黙るに時があり、語るに時があり、 愛するに時があり、憎むに時があり、戦うに時があり、和らぐに時がある。」(伝道者の書3:1-8)

主は全き者のもろもろの日を知られる。彼らの嗣業はとこしえに続く。 (詩篇 37篇18節)

 今日という日は、この伝道の書にある諸々の事柄が起こる時の流れの一断片ですが、神に知られないひと時もありません。そして主は、わたしの心をみておられます。

あなたは、あなたのすみかである天で聞いてゆるし、かつ行い、おのおのの人に、その心を知っておられるゆえ、そのすべての道にしたがって報いてください。ただ、あなただけ、すべての人の心を知っておられるからです。
(列王記上8章39節)

これらすべての出来事の中で、主から遣わされた者としてのわざを行えますように。

 いつまでも残る実が結ばれますように。

 主イエスよ、あなたが共にいて下さるなら、どんなに暗いと思える事態においても、光が輝きます。あなたに呼び求め、御声に従えますように!

わたしたちは、生きるのも主のために生き、死ぬのも主のために死ぬ。だから、生きるにしても死ぬにしても、わたしたちは主のものなのである。

(ローマ14章8節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...