勝利にのみ込まれた死

j
2023年11月2日

(二〇一一年十一月 ひとしずく六一九)

 ある人達はこう言います。「イエス様は十字架上で殺され、地上での任務は 失敗に終わってしまった」と。
 十字架刑は、罪人としての死を遂げるということですから、確かに十字架の 死は、敗北のように見えます。
  しかし、イエス様の生涯から、その十字架の死を除いたら、私たちは主によって救われることも、また天国に行くこともできなくなってしまっ たことでしょう。 そして何よりも、イエス様の苦しみと死は、イエス様と私たちを、愛の絆によって一つに結ばせたのです。私たちがイエス様への敬慕の念を抱 くのは、多くの人 が目をそむけたくなるような、無残なその死に方のゆえでもあるのだと思います。イエス様の十字架での苦しみは、私たちのためであり、深い 愛から来ていたか らです。人々に見捨てられ、見下げられ、あざけられ、その全ての苦しみをイエス様が受けて下さったのは、私たちをそんなにも愛して救うた めだったのです。 こんな話を思い出します。ある母親は、顔にやけどの跡がありました。その子供 は小さい 時、そんなことはあまり気にしていませんでした。母親はとても優しく、子供は彼女が大好きだったので、お母さんがどのような姿であっても関係 なかったので す。しかし子供は大きくなっていくにつれ、母親の顔を気にするようになっていきました。そしてある時の授業参観に、母親に来てほしくないと 言ったのです。 子供は、母親の姿を恥ずかしいと思うようになったからでした。そこで母親は、顔にやけどを負ったその真相を、愛するわが子に打ち明けたのでし た。この顔の やけどは、昔、火事が起こった時に、赤ん坊を火の中から助け出すために負ったものだと。その赤ん坊が自分だと知った 子供は、それ以来、母の顔のやけどの跡を、恥ずかしく思わなくなったばかりか、母の自分への愛の証しとして、見るようになったということで す。 

私 たちにとっても同じです。イエスさまの悲惨な十字架上の死は、惨めな敗北ではなく、私たちへの深い愛の象徴なのです。今、十字架を見る 時、私たちは愛を感 じるではありませんか? 十字架とは元々、処刑道具であったものです。イエス様はその恐ろしい十字架、惨めな死を、最高の愛の象徴に塗り 替えられたのです。 こんな奇跡があるでしょうか?誰かが言うように、それは決して敗北でも失敗でもないのです。イエス様が命をかけて示して下さった愛こそ が、私たちに生きる 希望と命を与えてくれたからです。

主が失敗されたと言う人は、もう一つ忘れている大事なことがあります。それ は、イエス様はその十字架上で死んで朽ち果てたのではなく、3日後に復活されたという事実です。

主は今も生きておられ、私たちのために、命を捧げてくださったその変わらぬ 愛をもって、私たちを愛し、いつも共にいてくださるのです。 

イエス様の十字架上の死は、失敗でも敗北でもありません。それは完全なる素 晴らしい勝利だったのです! 

「彼にはわれわれの見るべき姿がなく、威厳もなく、われわれの慕うべき美し さもない。彼は侮られて人に捨てられ、悲しみの人で、病を知っていた。 また顔をおおって忌みきらわれる者のように、彼は侮られ た。われわれも彼を尊ばなかった。しかし彼はわれわれのとがのために傷つけられ、われわれ の不義のために砕かれたの だ。彼はみずから懲らしめをうけて、われわれに平安を与え、その打たれた傷によって、われわれはいやされたのだ。」(イザヤ 53:2-5) 
「『死は勝利にのみ込まれた。死よ、お前の勝利はどこにあるのか。 死よ、お前のとげはどこにあるの か。』(省略)わたしたちの主イエス・キリストによってわたしたちに勝利を賜る神に、感謝しよう。」(第一コリント15:54-55,57)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...