支配の霊

十月三〇日 支配の霊

デレク・プリンス氏は、「支配の霊」は、悪魔から来ていると言っていました。エペソの手紙にも、「わたしたちの戦いは、血肉に対するものではなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者、また天上にいる悪の霊に対する戦いである」とあります(エペソ六章十二節)。ですから、私たちは、霊のうちで自分達を支配しようとしている悪霊の一つである「支配の霊」に敵対して戦闘中です。

 神の子となって、自由にさせられたのに、神以外のものに支配されるということは、確かに御心ではないように思えます。しかし、私たちは知らず知らずのうちに、支配されてしまっている場合があると思います。

 子供が親の下で、自由に感じないという窮屈さを覚えることは、よくあることです。親は、子供をいつまでも自分の言いなりにさせるクセがついているように思えます。私は、たくさんの子供に恵まれているのに、このことになかなか気が付かなかったのです。親は子供のために「良かれ」と思うことを話します。そして子供が小さい時には、それが親のすべきことです。しかし、いつまでも子供は子供であるわけではないです。成長して、自分で考え、親の言っていることを吟味し、自分で自分のための神の御心を探って進んでいくということが必要となります。

 その子供の大人への成長をする時、親の側も成長が必要なのです。手放して、自分で考えて、間違ってもその間違いから学ぶ機会を提供してやるということが。

 これは、小さい時、監督やよく教えることが必要ではないということを言っているのではありません。ある面では、十分に教えられたり、訓練されたりしていないのに、放置するということとは違うと思います。

 特に神の御言葉にあって、子供を養うという召しを受けている親にとっては、み言葉による教育と訓練は、必須だと思います。特にこの世では、聖書の言葉を正しく教えてもらう機会は、非常に少ないですから、そうした状況の中では、み言葉あらゆる機会を使って分け合うということは大切だと思います。

 しかし、親であれ、教える側であれ、いったん十分に教えられ、独り立ちする時期になっても、自分の言ったとおりに行動することを求めてしまうということは、間違ったことにつながります。

 人は皆、この世に送り出されます。そしてこの世は、まだ悪魔の支配下にあるため、成長したら子供たちも、悪魔の支配の霊に対抗して、神が導かれる自由のうちに主の子供として生きていかなければなりません。これは、律法と信仰についてパウロが語っていた原則も当てはまります。

しかし、信仰が現れる前には、わたしたちは律法の下で監視されており、やがて啓示される信仰の時まで閉じ込められていた。 このようにして律法は、信仰によって義とされるために、わたしたちをキリストに連れて行く養育掛となったのである。 しかし、いったん信仰が現れた以上、わたしたちは、もはや養育掛のもとにはいない。 (ガラテヤ三章二三~二五節)

イエス様も使徒たちも、人が自由に信仰の選択、決断をして生きることを語っています。

だから、もし子があなたがたに自由を得させるならば、あなたがたは、ほんとうに自由な者となるのである。 (ヨハネ八章三六節)

主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある。 (第二コリント三章十七節)

自由を得させるために、キリストはわたしたちを解放して下さったのである。だから、堅く立って、二度と奴隷のくびきにつながれてはならない。 …兄弟たちよ。あなたがたが召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を、肉の働く機会としないで、愛をもって互に仕えなさい。(ガラテヤ五章一、十三節)

信仰に入った人達が自分に与えらえた自由を正しく行使して、実を結ぶ生き方をしていけるように、権力をふるったり支配しようとするのではなく、助けることが親、教師、監督の役割だと思います。

わたしたちは、あなたがたの信仰を支配する者ではなく、あなたがたの喜びのために共に働いている者にすぎない。あなたがたは、信仰に堅く立っているからである。(第二コリント一章二四節)

また、ゆだねられた者たちの上に権力をふるうことをしないで、むしろ、群れの模範となるべきである。 (第一ペテロ五章三節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...