私たちの勝利

十月十四日 私たちの勝利 (ひとしずく一七〇四) 主よ、あなたは、勝利を得られました。その勝利は、人の目には敗北のように映りました。あなたは敵を爪で掻き裂き、鋭い牙を刺し通すことによって勝利をもたらされたのではありませんでした。あなたは小羊として来られ、御自分の命を取り去られるままにされました。臆病だったからではありません。あなたは天の父の意志に服従され、ただ忠実に最後まで静かに従われたのです。 あなたを害し、殺そうと伺う者達の中で、あなたはたじろぐことなく、使命を果たすことに集中されました。あなたを必要としている人達が、それほども押し寄せ、あなたの助けを求める人達が、それほども多かったからです。 終わりの時にあって、私達の生き方をあなたは示されました。あなたを取り巻く状況が困難だったように、今の私達のいる状況も、より困難になってきているように思えます。しかし、あなたは私達と共にいて、私達の内に住まわれ、私達を用いて、あなたの光を輝かしてくださると約束されました。どうか、あなたの光が輝きますように。あなたの御業がなされますように。あなたと共に歩む事の中に、喜びを見出すことができますように。それが私たちの勝利です。 わたしは、天と地、地の下と海の中にあるすべての造られたもの、そして、それらの中にあるすべてのものの言う声を聞いた、『御座にいますかたと小羊とに、さんびと、ほまれと、栄光と、権力とが、世々限りなくあるように』(黙示録五章十三節) 

「…彼らは小羊に戦いをいどんでくるが、小羊は、主の主、王の王であるから、彼らにうち勝つ。また、小羊と共にいる召された、選ばれた、忠実な者たちも、勝利を得る」。 (黙示録十七章十四節)   これらの聖句を見るなら、勝ち組は、どちらかがわかります。獣とその十人の王に率いられる世界統一政府なのか、小羊とそれに従う者達なのか。イエス・キリストに対する信仰を最後まで保つ者達は、勝利が確定されている側にいるのです。何という励ましであり、約束でしょうか。 たとえ、獣の軍勢に殺されても、小羊についていく者の勝利は決まっています。 

兄弟たちは、小羊の血と彼らのあかしの言葉とによって、彼(サタン)にうち勝ち、死に至るまでもそのいのちを惜しまなかった。 (黙示録十二章十一節)

また、からだを殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、からだも魂も地獄で滅ぼす力のあるかたを恐れなさい。 (マタイ十章二八節)

なぜなら、すべて神から生れた者は、世に勝つからである。そして、わたしたちの信仰こそ、世に勝たしめた勝利の力である。 世に勝つ者はだれか。イエスを神の子と信じる者ではないか。 (第一ヨハネ五章四、五節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...