静まることの力

十月十一日 静まることの力 (ひとしずく六一五) 昨日は、友人の店「カフェ・マルシェ」にて、「ミュージック&トーク」という音楽と主のメッセージに聞き入ってもらうためのイベントをさせて頂きました。テーマは「嵐の中の平安」でした。  第一部が終わり、二時間を挟んでまた同じ内容の第2部が始まります。  店内は、第一部に参加した人や第二部に早めに来た人で賑やかでした。私も久しぶりに会えた人たちとの会話を楽しんでいました。しかし、楽しい気持ちに浸ってはいましたが、心の奥底では、どこかで静かな時間を持たなければという声が聞こえていました。そしてその時、ある友人から私の携帯にこんなメールが届いたのです。「どうぞ静まって力を得られますように」私は、これは明らかに主からのメッセージだと確信し「主よ、静まれますように!」と心の中で祈りました。そして自分の車に行き、主との交わ りの時を持ちました。すると主は、第一部で話した内容を、第二部ではいくつか変更するよう示されたのでした。考えてみると第一部と二部では参加者が違い、抱えている試練や問題も、それぞれ異なっているかもしれないのです。それは主のみぞ知ることです。第 二部では夏に出会った、被災地の東松島の人たちのことを、心に思い描いて話すべきだと主は示されました。東松島の方々を軽井沢にある友人 の別荘にお招きしてから、しばらく経っています。第一部のスピーチと音楽は録音していて、それをここに来られなかった方や、来られた方で 今本当に慰め励ましが必要な方に差し上げようと思っていました。そして主は第二部の方も録音し、そのCDを東松島の被災者の方たちに送る ことを示されたのでした。本当に素晴らしいアイデアだと思いました。その他に、主は第一部では話さなかった、私の父のことについて話すようにも示されました。その話は第二部に来られていた、幾人かの方の思いに深く触れたようでした。   このように、静まることによって主は大切なことを示して下さいました。静まることは何と素晴らしいことでしょう。第 一部はもちろん始まる前に、静まり、皆と共に集まって祈りました。そして主が示された通りに行い、奇跡的なとても実り豊かな時となりました。そして、第二部も、また第一部と同じ内容のものを話せば良いと思っていました。それは静まらなくても、できることだったでしょう。そ して、それはやはり実り豊かな時となったかもしれません。し かし、静まる時を持ち、すべて御存知である主の示された通りに従った時ほどの、最高の実り豊かさでは、なかったことでしょう。主は誰にどのようなメッセージが必要であるのかを、すべて御存知なのですから。ところで、この第一部と第二部の間、二人のミュージシャンたちも、久しぶりに会った友人たちとの会話を楽しんだ後は、ほんのわずかの時間でしたが、他の階にある小さな部屋で、静かに仮眠していました。彼らのパワーで満ちた音楽も、やはり静まり、主にあって休息することで、培われていたのだと思いました。 常に、主の御前に静まることの大切さを、改めて教えて頂けたことを感謝します。 静まってわたしこそ神であることを知れ。(詩篇四六篇十節) あなたがたは立ち返って、落ち着いているならば救われ、穏 やかにして信頼しているならば力を得る。(イザヤ三十章十五節) 

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...