世を照らす光

j
2023年10月10日

十月十日 世を照らす光 (ひとしずく六一四) あなたがたは世の光である・・・あなたがたの光を人々の前に輝かしな さい。(マタイ五章一四、一六節) イエス様は、世の光です。そして主は私たちのことも世の光だと言われました。光には、暗闇の中で周りを照らすという任務があります。しかし、私たち自身の内に光はありません。主からその光のエネルギーを受け取らなければ、私たちには輝く力はないのです。 私たちの庭には、ソーラーライトは、その頭部に小さなソーラーパネルがついている小さなソーラー・ライトが庭の道沿いに置かれています。パネル部分に日中、太陽光が当たって、充電され、暗くなると、ライトが点灯するという、とても便利なものです。 しかし、一つだけ問題があります。もし日中、雨や曇りで、暗い一日だと、充電されず、その日の夜は、光が灯らないか、灯ったとしても、チラチラとかすかに光るだけで、足元を照らすほどの力も持ちません。   私たちの、主のために輝くエネルギーも、これと同じことが言えると思います。主と共に過ごし、主の光を十分に浴びていないなら、一日の 試練を乗り越えるほどの力は得られず、まして闇の世を照らす光とはなり得ないのです。 私たちは、主との質の高い、そして十分な時間をとり、たっぷりと主の光を浴びている必要があります。それによって、自分の歩む足元を照らすことができるばかりか、また誰かが主に近づくための道しるべにもなることができるでしょう。 主は私たちは、世の光だと言われました。私たちが光としての使命を果たせるように、しっかりと主の光で満たされますように。御言葉を学び、賛美をし、主を愛し、そして主の導きに聞き従えますように。たとえ、どんなに小さくても、世を照らす光として今日も生きられますように。

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は初めに神と共にあった。 すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。 この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。 光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった。…すべての人を照すまことの光があって、世にきた。 (ヨハネ一章一~五節、九節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...