主に尋ねるのは割に合う

j
2023年7月2日

七月二日 主に尋ねるのは割に合う (二〇一二年七月 ひとしずく八六二)

  今朝、家族とデボーションの終わりに、祈りの時を持ちました。色々な状況のため、また祈りの必要な人たちのために祈るリストを挙げている時、娘の一人が言いました。
「お隣から借りている絵の本を返さなきゃいけないんだけど、まだ見つかっていないの。見つかるように祈って」と。妻が、彼女が何時間もその本を探していたことを教えてくれました。私も思い当たる場所について、いくつか言いましたが、全部くまなく探したということでした。
 それで、私たちは、どこを探したら良いのか、主に示してもらえるように祈ったのでした。その祈りが終わる時に、主は私に、彼女の姉がその本を使っていたのを思い起こさせてくれました。そのことを話すと、妻が「そうよ。彼女のキャビネットの中を見てみて」と娘に話しました。しばらくすると「お父さん、ありがとう。見つかった!」と、娘が喜びの声をあげていました。
 
やはり「主に尋ねるのは、割に合う」と皆で主を賛美したのでした。
 
 ちょうど、その祈りの前のデボーションでは、私たちはある記事を読み返していたところでした。
 
「三年前から、私たちはここ南アフリカのヨハネスブルクの刑務所で、受刑者たちが出所後に社会生活を送るのを助けるため、聖書の勉強会を開きました。私たちが教える最も重要なことの一つは、預言の賜物を使って自分で主から聞くことで、彼らは実際にそうしています。幾つかその実例を紹介します。
 シフォに最初に出会ったのは一年以上前で、少年刑務所に服役しています。最近シフォの同房者が、長いこと家族が面会に来ないことで沈んでいました。シフォは祈って、その状況について主に尋ねました。すると、主はシフォに、「家族が今度の土曜に来るから、心配しなくてもいい」と彼に告げるように言われたのです。そんなはっきりとしたメッセージを告げるのには、かなりの信仰を要しましたが、確かに主は語られ、その言葉を守られました。土曜にその少年の家族が面会に来たのです。今はその少年も聖書の勉強会に来て、もっと学びたがっています。
 もう一つの話は、フランシスについてです。彼は最近、成人用の刑務所に移されました。少年刑務所にいる年齢を過ぎたからです。移って間もない頃に、ベッドに座って聖書を読んでいると、広い監房の反対側に五人のグループがいるのに気がつきました。主はフランシスに、彼らはフランシスを殺そうと計画しているが、行って彼らに証しすべきだと言われました。フランシスは大柄でもなく、そこのほとんどの囚人よりもずっと年下でしたが、何とか勇気を奮い起こして話しに行きました。「僕を殺そうとしているのは知っているよ。だけど、その前に、イエスが君たちを愛していて、僕も君たちも愛しているということを知ってほしいんだ」と言うと、自分のベッドに戻りました。
 その夜、彼を殺すつもりだった三人のギャングが、イエスについてもっと教えてほしいと頼んできたのです。フランシスが自分たちの計画を見破ったことに驚いた彼らは、その夜、祈ってイエスを心に受け入れました。預言のおかげで、この凶悪な人たちが主に勝ち取られ、その上、フランシスも命拾いをしたのでした。」
 
 主に尋ねるなら、すべてはうまく行きます。そして、不必要な困難にも遭わずに済みます。主に尋ねるのは、本当に割に合うのです。
今日も、まず主に尋ねることから、一日を始めようではありませんか?
 

わたしに呼び求めよ、そうすれば、わたしはあなたに答える。そしてあなたの知らない大きな隠されている事を、あなたに示す。 (エレミヤ 三三章3節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...