信者同士の集まり

j
2023年6月5日
六月五日 信者同士の集まり (二〇一四 ひとしずく一五六四)

 愛と善行とを励むように互に努め、ある人たちがいつもしているように、集会をやめることはしないで互に励まし、かの日が近づいているのを見て、ますます、そうしようではないか。(ヘブル十章二四、二五節)

信仰を共にする人たちと集まり、交わりを持つことは大切です。

 パウロは、善を行うにあたって、特に信仰の仲間に対してそれを行うことを励ましています。また、信仰の仲間は、それぞれがキリストの肢体の一部であるとも聖書は言っています。

「わたしたちは、善を行うことに、うみ疲れてはならない。たゆまないでいると、時が来れば刈り取るようになる。だから、機会のあるごとに、だれに対しても、とくに信仰の仲間に対して、善を行おうではないか。」(ガラテヤ六章九節)とあります。

「わたしたちも数は多いが、キリストにあって一つのからだであり、また各自は互に肢体だからである。」(ローマ十二章五節)

信者たちというのは、特別なつながりを頂いているということがわかります。そして、私たちがイエス様の肢体であるとすれば、それぞれ別の働きをしていても、皆同じ一つの頭につながっているのですから、ビジョンは一つです。また私たちを通して、神が本当に成さろうとしていることも一つです。主は私たちを使って、御心を成そうとしておられるのです。

 これは非常に興味深いことであると思いました。私たちは、主の奉仕のために色々なところに使わされていますが、多くの場合、接触を持つのがキリストの仲間、つまり主にある兄弟や姉妹ではないのです。私たちは、主を知らない人たちの中で、主のことを伝えたり、あるいは主の愛を反映すべく、愛の業に努めたいと願っています。しかし、主が弟子たちに仕えたように、私たちも信仰を持っている者同士の間で、互いに仕え、愛を示すということは、特別、イエス様が、神様の命令として伝えられたことです。

わたしは、新しいいましめをあなたがたに与える、互に愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互に愛し合いなさい。互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう。(ヨハネ十三章三四、三五節)

 ですから、イエス様を信じる者たちが、ただ神様の仕事を押し進めるために忙しくしているだけではなく、時には、お互いに仕えるため、また愛を示し励まし合うために時間を作ることはとても大切なことだと思います。それによって私たちの信仰はさらに強められ、主の愛はさらに私たちの心に満ち溢れるのですから。

どうか私たちが、お互いに神の愛を示し合うことができますように。それによって、主を喜ばせ、また全ての人が私たちの愛し合っているのを見て、イエス様の弟子であることを知り、神に導かれますように。

見よ、兄弟が和合して共におるのはいかに麗しく楽しいことであろう。それはこうべに注がれた尊い油がひげに流れ、アロンのひげに流れ、その衣のえりにまで流れくだるようだ。またヘルモンの露がシオンの山に下るようだ。これは主がかしこに祝福を命じ、とこしえに命を与えられたからである。(詩篇一三三篇一~三節)

さて、主にある囚人であるわたしは、あなたがたに勧める。あなたがたが召されたその召しにふさわしく歩き、できる限り謙虚で、かつ柔和であり、寛容を示し、愛をもって互に忍びあい、平和のきずなで結ばれて、聖霊による一致を守り続けるように努めなさい。からだは一つ、御霊も一つである。あなたがたが召されたのは、一つの望みを目ざして召されたのと同様である。主は一つ、信仰は一つ、バプテスマは一つ。すべてのものの上にあり、すべてのものを貫き、すべてのものの内にいます、すべてのものの父なる神は一つである。しかし、キリストから賜わる賜物のはかりに従って、わたしたちひとりびとりに、恵みが与えられている。(エペソ四章一~七節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...