その慰めをもって

四月二十日 その慰めをもって (ひとしずく一一三二)

神は、いかなる患難の中にいる時でもわたしたちを慰めて下さり、また、わたしたち自身も、神に慰めていただくその慰めをもって、あらゆる患難の中にある人々を慰めることができるようにして下さるのである。(第二コリント一章四~六節)

この聖句は本当にその通りだと思います。

あるダウン症のお子さんを抱えた方が、他の身体障害の子供を抱えた親御さんから、頼られ、カウンセルを求められているということです。
 何年もの間、自分の子供の養育に奮闘し、忍耐し、愛し、様々な困難や問題を経験し乗り越えてきた彼女の言葉には、力強さと心に沁み入る慰めや励ましが感じられるのだと思います。
 また末期癌と宣告されたある方は、その自分の境遇を活かし、癌やその他の病気で苦しんでいる人たちの所へ行き、それらの人々に慰めと励ましを与えました。これはおそらく、健康な人では成し得なかったことだと思います。
 またある人は、我が子の犯した過ちの悲しみと辛さを体験してはじめて、他の過ちを犯して刑務所にある人たちのことを本当に思いやることができるようになったと話してくれました。
 これらの方々は、いずれも主イエスを救い主として信じ、苦しみ悲しみの中で主の慰めを受けて、進み続けてくることができた人たちでした。そして主に慰められたその慰めをもって、他の人を慰める器として用いられているのです。
 主イエス様がいると、自分の通過する闇と試練は、いずれ他の人たちを照らすたいまつの光となります。主にはご計画があって、闇と試練を通過するのを許されました。
 ですから、「幸を望んだのに災が来た」(ヨブ三〇章二六節)ように思えても、その試練は決して苦しみや悲しみだけに終わることはないのです。
  試練の中にある時、どうかこのことを忘れず、主の栄光が現れるのを待ち望むことができますように。

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。(新改訳ローマ八章二八節)

すなわち、わたしたちのうち、だれひとり自分のために生きる者はなく、だれひとり自分のために死ぬ者はない。(ローマ十四章七節)

たといわたしが暗やみの中にすわるとも、主はわが光となられる。(ミカ七章八節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...