時が良くても悪くても

j
2023年4月19日

四月十九日 時が良くても悪くても (ひとしずく一一三一)

 人と人が知り合うには、色々な方法があります。イエス様との出会いも人それぞれ違います。
 ある人は、涙の谷を歩んでいる時、慰めに満ちたイエス様に出会います。
 ある人は、道ばたで受け取ったトラクトを通してイエス様に出会います。
 ある人は福音コンサートや集会でイエス様を知ります。
 ある人は真理の探求の旅の末に聖書を読んで、イエス様に出会います。
 イエス様を知るのに、決まった形などありません。主は、それぞれのための特別な出会いを計画しておられるのです。ですから私たちもあらゆる人たちに手を差し伸べるために、あらゆる機会を証しのチャンスと捕らえるべきなのだと思います。
 造られた者の魂が、その創造者に出会うというのは、その人の人生における画期的な出来事で、最も興奮させられる霊的な体験の一つであると思います。
 人と人との出会いが、素晴らしいことの始まりとなるように、主との出会いも、素晴らしい始まりです。いえ、それは言葉では言い現せないほどのものす。
 一つ一つの出会いが美しく、希望に満ちたものです。
 ついに人生における目的と将来の希望と言えるものに出会ったわけですから。それまでは暗闇の中を歩いていたのに、自分の道を照らしてくれる伴侶なる光を見つけたのです。

そしてその人は、今度は誰かにその希望の光を分け合うのです。
 先日、友人から、トラクトを道ばたで受け取ったことにより自分はイエス様を知ることができた、というテステモニーを聞きました。今は、私がとてもお世話になっており、祈りのパートナーとしてとても大切な人です。今までどれほど、この友人に助けられてきたかわかりません。私は、誰かが、その日この友人にトラクトを渡してくれたことを本当に感謝します。きっとその人は、その日、何十、何百ものトラクトを配ったことでしょう。そしてその人は、そのトラクトの一枚がこんな結実をもたらすとは予想もつかなかったことと思います。
 また私が学生だった頃、私の住む雪深い町に証しにやってきてくれた人たちを思い出します。彼らがどれだけ、私の人生の祝福になってくれたかを思うと感謝してもしきれません。彼らにとって、それがどんなに困難で犠牲的なことであったことかと思います。

 このように伝えてくれる人がいたからこそ、救われた私たちは、その感謝をもってまだイエス様を知らない人々へと伝えていかなければならないのだと思います。

 「時が良くても悪くても御言葉を宣伝えなさい」と聖書にあります。
一日中外に立って、トラクトを配ることはできないにしても、バッグやポケットに小さなトラクトを持ち歩いて、いつでも出会った人に渡せる状態にしておくことはできると思います。たとえ自分がうまく説明できなくても、主がそのトラクトを通して語りかけて下さいます。あるいは、今ではネットや携帯メッセージを利用することができるでしょう。
 今は終わりの時・・・証しできるのもあとわずかであるかもしれません。夜が来て働けなくなる日が来る前に、忠実に証しに励んで行こうではありませんか。
 この素晴らしい愛の神を、今日誰かに紹介できますように。闇の中を手探りで歩いている誰かが、光に出会うことができるように。

今の時を生かして用いなさい。(エペソ五章十六節)

御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても、それを励み、あくまでも寛容な心でよく教えて、責め、戒め、勧めなさい。(第二テモテ四章二節)

わたしたちは、わたしをつかわされたかたのわざを、昼の間にしなければならない。夜が来る。すると、だれも働けなくなる。(ヨハネ九章四節)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...