選ばれた人々 

j
2023年3月15日

「ひとしずく」ーーひと昔編

こんな大きな災害に遭ったというのに、何と被災者の人たちは悲しみや恐れを耐え忍び、思いやり合い、助け合っていることでしょう? 彼らを映像で見ていると「ああ、どうしてこんなに良い人たちが苦しい目に遭わなければならないのだろう」と思ってしまいます。
しかし神には私たちの思いを遥かに超えた、深い計画があると信じています。そしてこう思うのです。この人たちは、きっと神様の栄誉ある任務のために選ばれた人たちなのだと。
アメリカのある新聞には「惨事の中でも秩序」とか「悲しみを耐え忍んで助け合い」の見出しと共に、東北の被災地の写真が一面に大きく載っていたそうです。そしてこの災害についての街中でのインタビューでは「こんな大災害に遭って大変な中でも、みんなが助け合って生きることができるのだということを彼らの姿から教えてもらいました。本当にすごいです」と言っている若者もいました。また中国では、被災地についてではないのですが、「日本人はどんな時にも秩序を保ち、この高潔なマナーはわれわれ中国人にはとても手の届かないものである」というようなことがインターネットに一枚の写真つきで流れているようです。
阪神淡路大震災の時にも、救援に訪れた外国人の人が驚いたのは、他の国の災害時と違って、日本の場合は被災地での盗難もなく秩序が保たれ、配給の時にもきちんと列を作って譲り合って並んでいるということだったようです。
今回の災害でもたくさんの国から救援に来て頂いていますが、日本の中でも特に人情味のある素朴な東北の人たちは、外国人の目にどのように映ることでしょう?主は、これらの災害を使って、もしかしたら世界中の人たちに愛の大切さを思い起こさようとしているのかも知れません。
 この大震災は、日本全体にも思いやりと憐れみと助け合いの気持ちを起こさせ、今、日本はかつてないほどに国民の心が一つとなり、愛であふれているのではないでしょうか?そしてそれは世界にも広まっており、ギクシャクしていた国交関係もこの災害を通して、改善されているように見えます。また争い合っていた政治家は同じ方向を見始め、停電やガソリンや食べ物の品不足によって、日頃当たり前と思っていたことに感謝することを学び、原発の事故によって安全がどれほどすばらしいことかに気づき、地震の恐怖により、死と人生について考えさせられ、そして命の尊さを知り、家族や友人たちとの大切さにも気づき、自然の威力から、人間の力と知恵を遥かに超えた神の存在を思い知らされ・・・。神は私たちにこれらの大切なことを教えて下さったのです。
 かつて私たちの魂を救うために愛するひとり子をこの世に使わされた神は、この時代に、愛を失いつつある世界を救うために、神の目に適った尊い被災者の方々を選んで召したのだと思います。ひとり子イエス様を、この世に送られた時と同じ心の深い痛みを持って・・・。
この悲しみの被災地が、世界を変える愛の発信源となりますように。
 
あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだのである。そして、あなたがたを立てた。それは、あなたがたが行って実をむすび、その実がいつまでも残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものはなんでも、父が与えて下さるためである。(ヨハネ十五章十六節)
 
天が地を高く超えているようにわたしの道はあなたたちの道をわたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている。(イザヤ五十五章九節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...