神にはできないことはない 

j
2023年3月7日

神にはできないことはない 

「ひとしずく」ーーひと昔編

私が今回も秋田に帰ってきた次の日から雪が降り始め、今日は吹雪でした。先月もそうでしたが、わたしが居なかった間、晴の日、雨の日が続き、道路や屋根の雪がすっかり消えてしまっていました。もちろん畑にはまだ一メートル以上の雪が残っており、ところどころ、ブルドーザーで押し寄せられたところには、雪がまだ大きな山となって残っていますが。
わたしが帰ってくると雪が降り始めるので、妻は私を「雪男だね。パパは雪も連れてくるね」と言っていました。
近所の人もきっと不思議に思っていることでしょう。ちょうど私が東京に行っている十日近く雪が降らずにいて、私が帰ってくると、ドカ雪で、それが二回連続でしたから。
わたしは、主はここまで世話して下さるんだと、ただただ、感謝しました。
初めは、息子一人では対応できないだろうと思っていましたが、主はそう望まれるなら、ただしばらく雪の倉を閉じておくことができるのです。
こんなに天候が不順で、何が起るかわからない状態でも、主の小さな群れのために、大いなることを主はして下さるのです。
皆さんの祈りのおかげでもあります。ありがとうございます。
再び、主の保護の約束を思い起こさせられています。

二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。
またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。
それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。(マタイ一〇章二九~三一節)
イエスは彼らを見つめて言われた、「人にはできないが、神にはできる。神はなんでもできるからである」。(マルコ一〇章二七節 )

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...