若者の心の叫び 

j
2023年2月28日

若者の心の叫び 

「ひとしずく」ーーひと昔編

先日、フランス作家、ビクトルユーゴ著の「レ・ミゼラブル」のミュージカル映画(日本語では、「ああ、無情」)を子供たちと、見に行きました。とても、意味深く、学ぶことが沢山ある映画でした。
 一つ、私にとってとても心動かされたのは、若者たちが抑圧からの解放を求めて、命をかけて立ち上がる姿と、その若者たちを助けようとするジャンバルジャンの姿です。
 抑圧と搾取による君主制を打ち倒すために、若者たちが立ち上がっても、結局は権力のもとに押しつぶされ、革命運動に参加した多くの人たちが弾圧によって命を落としてしまいました。
 その光景は、何か現代の日本の若者たちの姿と重なって見えてしまいました。
 今の若者達も自由の翼を失って行き場もないような状態ではないかと思えるのです。
 しかし、この映画を見て、励ましだったのは、ジャンバルジャンの真実な愛に養女のコゼットとその婚約者マリウスが気づくことです。
   一人の力では、社会全体を変えることも、若者達を説得することもできないかもしれませんが、私達は自分の生き方を変えることができます。
   希望を失って投げやりな態度をとることもできるし、真実と愛に生きることもできます。

今の時代は、当時の時代にとても似ているのではないかと思いました。もしかしたら、その当時よりもはるかに厳しい状況になってしまっているのかもしれません。
   私たちができる最善のこと、それは、やはり救い主イエス様と、未来についての希望のメッセージに自分自身がまず生きることではないかと思っています。
「主イエスを信じなさい。そうしたらあなたもあなたの家族も救われます」という言葉がありますが、まず私たちが本当に主を信じるなら、そして真の信仰は行動として現れると思いますが、私たちがしっかりと主につながっているなら、周りの人たち、家族や友人、そして若者たちも、私達の内にある御霊を感じ、主を見出し、救いを見出すようになると期待しています。
私たちは、主イエスを受け入れても、主と主の御言葉の真理を心の隅に押しやってしまうことができます。
聖書の語られているとおり、主イエスをそうあるべき心の王座について頂くなら、大勢の人達が自然に主イエスの光を私たちが見ることになることでしょう。
 私たちには、全ての人たちに希望と愛と命をもたらすことができるイエス様がいます。
 主イエス様、どうか、私たちがあなたの愛で満たされ、あなたの愛で支配されますように。あなたと一つになることによって、あなたの光がわたしの光となりますように。それによって、家族も若者も周りの人も、あなたの愛の光を見ることができますように。

「主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたもあなたの家族も救われます」。(使徒行伝十六章三一節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...