私はあなたと共に行こう 

j
2023年2月18日

「ひとしずく」ーーひと昔編

「今度の風邪はなかなかぬけないね」
洟をかんでいる母親に言うと「本当にそうだね。」と母は答えました。私も彼女の隣りに座りながら、テーブルの上に置かれているティッシュの箱から一枚引っ張り出して、洟をかみました。私は風邪をひいてもう二週間になります。
  私は、どうしようかと迷っていることがありました。秋田に滞在している間に、岩手の被災地に行きたかったのです。いや、行くのが主の御心だとわかっていたのですが、問題はいつ行くかということでした。風邪をひいてしまったので、それが延ばし延ばしになり、気がつけば、もう東京に行く日が近づいてきていました。
しかし、祈りの掲示板に掲載して皆さんに祈っていただき大分元気になったのですが、咳がなかなか抜けないのです。
 私は、治ってから行ったら良いのか、治らなくても行くべきなのかの、決断に迫られていました。また、雪が多いので、置いて行かなければならい家族のことも気がかりでした。 そして、祈っていた時、次のような言葉を受け取ったのでした。

「私は時に応じて力を与えるではないか?大勢の者たちが『行ったら、いやされた』(ルカ十七章十四節)を体験した。だからあなたも行きなさい。また、私はあなたがこれらの家族を見守り、世話するのを見た。私に任せなさい。私は彼らを世話するから。 あなたが永遠と、霊にフォーカスする時、つまり、あなたが私を第一に置く時、私は、決してあなたを離れずあなたを捨てない。あなたも、そしてあなたの家族も世話する。 それは聖霊の願いであり、私の心の願いだ。あなたは魂は永遠ということをどれだけ信じているか?
 そして、地上に宝を積むのではなく、天に宝を積むということがどういうことか、知っているか?それはあなたの時間と労力を天国のため使うということだ。 蒔く者がいなくて、どうして、信じる者が生まれるだろうか?光を灯す者がいなくて、どうして闇に座する者が光を得るだろうか? あなたの福音伝道を私が祝福しないことがあるだろうか? 行きなさい。そうしたら、私はあなたと共に行こう。」
 
というわけで、私は岩手に行く決断をしました。そして、再度祈りの掲示板に祈りのリクエストを出し、皆さんにお祈りしていただきました。
するとその後、たちまちのうちに気分がよくなり、咳も殆どしなくなりました。
 夜、トイレに起きた時、窓を開けてみると、月が綺麗に輝いていました。
主からの確証のように思えました。
 
・・・彼らは行く途中でいやされた。 (ルカ十七章十四節)
 ―――――――――
今、岩手県の宮古にいます。今回は一人で来ています。どうか主が会わせたい人のところに私を導いて、実り豊かな時となるよう、お祈りしていてください。

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...