「幸い」に与かる者となるように 

j
2023年2月11日

 「ひとしずく」ーーひと昔編

聖書には、黙示録など「終わりの時」について書かれた預言があります。あ る人が、それらの預言を読むのは、怖いと言っているのを聞いたことがあります。
 確かに、黙示録の文章の中には、色々、気味の悪い獣の記述があり、そこに 書かれているような状況に私たちが突入するなら、不安と恐怖に襲われてしまいそうです。しかし、黙示録の書き出しの最初の部分には、この ように記されています。

  イエス・キリストの黙示。この黙示は、神が、すぐにも起るべきことをその 僕たちに示すためキリストに与え、そして、キリストが、御使をつかわして、僕ヨハネに伝えられたものである。
  ヨハネは、神の言とイエス・キリストのあかしと、すなわち、自分が見たすべてのことをあかしした。この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちとは、さいわいである。時 が近づいているからである。(黙示録一章一~三節)

 「この預言の言葉を朗読する者と、これを聞いて、その中に書かれていることを守る者たちは、さいわいである。」とあります。
  この言葉に、私は一つ大切なことを気づかされました。それは、私たちが未来のことについて知らされる場合、例えば、この黙示録を読む場合 ですが、これから 大変なことが起るのだろう、もしがそれらが起ったらどうしよう、という思いで読むなら、黙示録の意図していることを得ることがないのでは ないかと思うので す。
  神様は、終わりの時には大変なことが起るから、私たちが その時に、慌てふためかないために、前もって教えてくださろうとしているのです。愛ある神様が、読む者をただおびえさせるためにこのよう な啓示をされるでしょうか?
 そこには、神様の愛情深い助けの計画があり、神様の民 に対する救出の計画、明るい将来についての希望のメッセージがあるのです。
  神様は「大丈夫、何も起らないから」と偽りの安心感を吹き込もうとはしません。霊の目で見た将来なので、肉の現実において、実際どういう ことになるのか、 なかなか把握できないこともあるかもしれませんが、主は、目に見える事象の背後にある真の現実である霊の現実を隠そうとはされず、それ を必要としている私たち、神の民に対して、知らせて心を備えさ せようとしているのです。
  心の備えができている人と、できていない人とでは、事態が起った時にかなり異なる反応をするのではないでしょうか。前もって知らされてい るなら、物事が 起った時「今が、あの語られていたことだ」という反応をし、身構えることでしょう。また、そんな事が起こる前にも、色々な心の準備ができ るのです。しか し、前もって何も知らされず、あるいは聞こうとしてなかったか、気にも留めようとしなかった場合には、物事が起った際、慌てふためいた り、間違った行動に 出てしまうかもしれません。

 聖書の預言を「朗読する者、そしてそれを聞いて、それを守る者」は「幸 い」です。こうした啓示を読んで、来るべきことについての主のご計画を知っていることは、私たちに平安と幸いをもたらします。
 神様の深い愛の配慮によって示された「終わりの時」に 関しての預言の書を読む時、恐れなどの先入観を持たないようにしたいと思います。
そして主の愛情深い世話のうちに、どんなことがあっても、神様への信頼と信仰を持って歩み、日々、信仰を強く育てることに忠実でいられますように。
ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです。(新共同訳 第二ペテロ三章九節)

どうか、主の与えようとしておられる「幸い」に預かる者となれますよう に。

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...