病床での賛美と祈り 

j
2023年2月9日

「ひとしずく」ーーひと昔編

ここ二、三日、雪の中で作業をしていたせいか、風邪をひいたようで、昨日はお昼すぎから、頭痛で横になっていました。そして布団の中で賛美をしていました。

主よ、すべてを感謝します。
あなたは素晴らしいです。
この風邪による
頭痛を感謝します。
おそらく、私が働き過ぎたのでしょう。
そして私は、思いを正しく保っていなかったのでしょう。
それゆえに、私の心に働きかけるために
このようにして、立ち止まらせ、
静まらせてくださったことを感謝します。
熱いしょうが湯と、ニンニク炒めを感謝します。
この横たわる布団があること、
そして湯たんぽとヒーターも感謝します。
愛ゆえに、あなたが与えてくださる
全てのことを、感謝します。
 
 いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。(第一テサロニケ五章十六~十八節)

これは、私の今年の抱負とする聖句ですが、頭痛で寝込んでいる今この時にも、愛である神様を思って、喜び、祈り、感謝できることは、恵みだと思います。またそれは、今までどれだけ、神様に良くして頂いてきたかということへの信頼の証しだと思います。
考えてみると、神様を愛し、どんな試練にあっても感謝し、先の見えないことについても信頼できるということは、何という祝福なことでしょう。
もし、本当の神様を知らないでいたら、自分で想像する神様に対して、恐れたり、何かいつも後ろめたい思いに、神様の目から隠れていたいと思ったり、あるいは神様などいない、だから自分勝手に生きていけばいいんだと、愛もなければ平安も希望もない人生を送っていたのではないかと思います。そしてこんな時には、神様に不満を抱くか、ついていないとふてくされて寝ているか、そんなところであったでしょう。
私を愛してくださる主が、いつも優しく見守り、導いて下さっている。そんな喜びと感謝が、頭痛に横たわっているこんな時にも、心を暖かくしてくれる・・・。その主の愛を思っていたら、病んでいる人たちのために祈るよう導かれました。今、病んでいる多くの人たちも、このような主の愛に包まれ、賛美の思いで満たされますように。

 祈り:主よ、今、体の癒しを必要としている人たちのためにお祈りします。あなたの体は私たちの癒しのために引き裂かれました。どうか、病んでいる人たちが、どんな時でも離れず、かえって弱い時にこそ、抱きかかえてくださるあなたの愛を、感じることができますように。
 彼らが、恐れや疑いに目を留めず、あなたの愛と励ましと、あなたの力に思いを留めるのを助けてください。そして、共にいてくださるあなたを感じ、喜びにあふれていることができますように。
 あなたのなさる数々の美しい業に感謝できますように。
 創造主であり、あがない主であるあなたにふさわしい愛と尊敬を祈りの内に捧げることができますように。
 あなたの優しい愛で、一人一人の霊と心と体に触れて、どうぞ癒してください。

「わたしは主であって、あなたを癒す者である」(出エジプト十五章二六節)

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...