命の美しさ

j
2023年1月21日

 「ひとしずく」ーーひと昔編

なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えてみるがよい、働きもせず、つむぎもしない。しかしあなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。きょうは生えていて、あすは炉に投げいれられる野の草でさえ神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。(マタイ六章二八~三〇節)
 
この聖句の「栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」というところが、今まで私には、あまりよくわかりませんでした。
栄華をきわめた時のソロモンの方が、きっと一輪の花よりも、ずっときらびやかに着飾っていただろうと思えたからです。
 しかし、気づいたのです。
ソロモンが、まとっていたであろう、金の糸が織り込まれた衣装や、身につけていた、あらゆる宝石など、確かに光り輝いていたことでしょう。しかし、そこには命がないのです。神様が生かしておられる命がその衣装にみなぎったり宿ったりしているわけではないのです。
 それに対して、草花の美しさは、主に与えられた命の美しさで輝いています。命は神様の愛のしるしでもあります。
 だから、イエス様は、どんな豪華な衣をまとっていたソロモンでさえ、花の一つほどにも着飾っていなかったと言われたのだと思います。
そして、イエス様は、私たちにはそれ以上によくして下さらないことがあろうかと言われました。つまり神様は、一輪の花よりも、さらに美しい命の輝きによって、私たちを装って下さるのです。
 
 
わたしはあなたを愛のために造った
わたしのあなたに対する愛を知ってほしい
その深さ、その強さ、その細やかさ、その真実さを知ってほしい
わたしはあなたを深い水を通らせて
泳ぐことを学ばせ、
熱い火の中を通らせて
より純度の高い金にしようとしている
それらの思いがけない苦しみは、
あなたが聖なる喜びにあずかるためであり、
わたしが決してあなたを捨てないしるしでもある
わたしは、あなたを造ったゆえに、
わたしの聖なる性質に預からせようとしている
わたしはあなたの手をひいて、谷と山を通らせる。
わたしは、それらの体験を通して、
あなたをさらにわたしに似た者とし、
天のふるさとのために、あなたを備えたい
そしてこの地上に、あなたを通して
ますます天の光を反射させたい
 
一輪の野の花にさえ
他に類のない美しさを与え
他の生き物や人々にとっての祝福となるための計画がある
そのように、あなたの人生においても大いなる計画がある
花を開かせ実をならせて
大勢の祝福となり喜びとなり、助けとなるように世話をする
 
どうか、私を見上げ
喜びと賛美の声をあげてほしい
私の命の輝きによって
あなたを美しく装うのだから

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...