行き詰まった所に開ける道

j
2023年1月6日

「ひとしずく」ーーひと昔編

ギリシャの失業者についてのドキュメンタリーを見ました。
 もと銀行家、教師、科学者、以前忙しく仕事をしていた人たちが、職を失い、今迄の生活に大きな変化を遂げなければならないという事態に置かれて、その後何をしているか、ということを追いかけ取材したものでした。
 ギリシャ第二の都市であるテサロニケ市の郊外にいる人たちをインタビューしていたのですが、とても興味深いものでした。
 それらの人たちは、今、田舎に戻り、ある人は山菜を集めたり、また農場を始めたりしていました。またカタツムリの養殖を始めたり、ある人は山で摘んだベリーを物々交換するマーケットに持って行ったりしていました。驚いたことには、都会暮らしをしていたそれらの人々は、慣れない田舎暮らしではあるものの、ほとんどの人が、今までとは全く違ったストレスのない自然の暮らしに満足していたのです。
 日本においても、失業は大きな問題となっています。失業した人の中には、将来に絶望して自殺を考えてしまう人も多いようですが、ギリシャのこれらの人たちを見て、全く違ったことに対応する柔軟性というものが、いかに大切であるかを学ばせてもらったように思います。
 考えてみれば、人間が作った会社や組織がつぶれても、神様が破産しているわけではないのです。そして、行き場の無いように思えても、神様はその人たちのための素晴らしいご計画をお持ちで、生活していく場所も必ず用意して下さるのです。
 人間の窮地は神様にとってのチャンスです。今、人間が造りあげたバベルの塔のような組織が崩れても、神様は逃れる道を用意され、私たちは思いもよらなかった素晴らしい人生へと導かれるのです。行き詰まった場所は、同時に、神様がその素晴らしいご計画を私たちに示すチャンスの場所でもあるのです。

 お金は神様が造られたものではありません。そしてお金なしには生きられないこの社会も、神様が造られたものではないのです。
神様が創られたのもの、それは色々な自然の恵みを供給してくれる山や海、また多くの作物を産み出す大地です。それらを私たち人間が生きていくために備えて下さっているのです。
神様はもう一度、神様が人間に下さった恵みを見直すチャンスを、人々に与えておられるような気がします。
 田舎暮らしで、新たな人生の再スタートを切った一部のギリシャの人々の生き方に、同じ状況に置かれつつある私たち日本人も、学ぶことができるのではないかと思いました。

  あなたがたのあった試練で世の常でないものはない。神は真実である。神はあなたがたの耐えられないような試練にあわせられないばかりか、試練 と同時にそれに耐えられるように逃れる道も備えていて下さるのである。(第一コリント十章十三節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...