必要な時に与えられる助け

j
2022年12月17日

「ひとしずく」--ひと昔編

秋田に二週間ぶりに帰ってきました。ここは都会とは全く異なった世界です。
 美しい田舎の風景が広がっています。しかし、畑を見ると、耕したり種を蒔いたりなどの農作業が待っていることが気になりますし、次の冬に備えて、薪の材料となる廃材を切断したり、あちこち片付けをしなければならないことなど、いろいろとやらなければならないことが山積みになっているのを思い出すのです。
 あー大変だ…また東京に行くまでの二週間の間に、こんなに多くのことをどうやってやりこなせるかな…という思いに駆られます。
しかし、今朝、この田舎道を歩きながら、周りの山の景色や耕された畑、またきちんと積み上げられた薪を眺めていたら、いつの間にか、それらの作業のために、自分の内にやる気が沸き上がってくるのを感じました。
 仕方ないからやるか、というのではなく、むずむず、わくわくしてくる感情です。それらを重荷としてやるのではなく、楽しめば良いのだと思ったのです。折角、神様はこうして土を耕し、野菜を作る機会を与えてくださったのですから、大変かもしれないけれど、良い野菜を分け合うことができると思えば、インスピレーションが湧いてこないわけはないのです。神様はきっと、それらの作業を祝福として、私たちに与えてくださったのでしょう。これからその作業を始めようとする私に、主はそのためのやる気と塗油を与えてくださろうとしているのがわかりました。

 こうした体験は、今まで何度も経験してきました。それは主の言葉を証ししたり、人の前でスピーチしたり、何かを制作する時など、どんなことにも通じると思いました。最終的に私たちは、その場に直面するまでは、恵みも塗油も得ることはありません。その時になって始めて、私たちは主の助けを受けるのであって、その前にではありません。
私は東京に住んでいた時に、畑を耕すための主からの霊感や塗油を必要とはしていませんでした。しかし実家の田舎に戻り、畑仕事をすることになると、そのための塗油と知恵を必要とします。逆に、私がクラスを導く為の塗油と知恵は、農作業しようとしている時は必要ないのです。
 主はいつも時に応じた助けを与えてくださいます。だから、こうなったらどうしよう、ああなったらどうしようと心配するには及びません。
「あすのことを思いわずらうな」と主は私たちに命じておられます。私たちは、明日のことを思いわずらうのではなく、ただ自分にできる分をしつつ、あとは主に信頼していれば良いのです。どうかそのための信仰を主が与えてくださいますように。
あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。」(マタイ六章三三節)

ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。(新改訳3版 ヘブル四章十六節)
ですから、躊躇せず、思い切って、神の王座に近づいてあわれみを請い、必要な時に必ず与えられる恵みを、いただこうではありませんか。」(リビングバイブル ヘブル四章十六節)

他の投稿もチェック

完成めざして

完成めざして それぞれ人は、完成を目指して励んでいるところがあると思います。それが医療関係の人であれ、飲食店のサービス業であれ、またスポーツの選手であれ。苦しい経験、訓練を通して人は、そこに至ります。 無駄のない動き、軽やかさ、一貫性… その人の練達ぶりから、「完成」を感じます。 これは信仰の道に導き入れられた私たちにも言えることですが、キリストを信じる信仰者の完成は、この世の人達のものと異なるところがあります。 私たちの完成は、イエス・キリストのようになることであり、信仰者それぞれを完成に至らせるのは神です。...

神に会う備え

神に会う備え 時々、立ち止まること、現場から離れることは、普段見ていない、あるいは見えてないものを見る助けになります。しかし、せっかく現場から離れても、まだ心配事が思いを駆け巡っているなら、神様が示されたいことに目が開かれないということがよくあります。私たちはそれほども日常の環境が影響を与え、神よりは自分の周りのものに影響されて生きているということです。  なかなか立ち止まることができないと、神が立ち止まらせてくれますが、痛みを伴ってということがあります。...

愛する者のためのとりなし

愛する者のためのとりなし 私が家出していた時のことは、他のところで分け合っていますが、その裏話というか、後になって近所のおばさんから聞いたお話です。 「私の旦那が仕事で函館に立ち寄った時、あんたらしい人を見たと言っていました。それであんたのお母さんに話したら、あんたのお母さんは、『そのままにしておいてあげたい』ということだった」...