感謝

j
2022年12月16日

「ひとしずく」--ひと昔編

イエスはエルサレムへ行かれるとき、サマリヤとガリラヤとの間を通られた。
そして、ある村にはいられると、十人の重い皮膚病人に出会われた が、彼らは遠くの方で立ちとどまり、声を張りあげて、「イエスさま、わたしたちをあわれんでください」と言った。
イエスは彼らをごらんになって、「祭司たちのところに行って、からだを見せなさい」と言われた。
そして、行く途中で彼らはきよめられた。そのうちのひとりは、自分がいやされたことを知り、大声で神をほめたたえながら帰ってきて、イエスの足もとにひれ 伏して感謝した。これはサマリヤ人であった。イエスは彼にむかって言われた、「きよめられたのは、十人ではなかったか。ほかの九人は、どこにいるのか。神をほめたたえるために帰ってきた感謝は、この他国人のほかにはいないのか」。それから、その人に言われた、「立って行きなさい。あなたの 信仰があなたを 救ったのだ」。(ルカ十七章十一~十九節)
 
  この物語を読むと、いつもこの重い皮膚病だった人たちの感謝を忘れた非礼な態度ばかりでなく、人が如何に「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の性質を持っているかを考えさせられます。
 イエス様は、癒された十人の内一人しか、感謝をしに来なかったことにがっかりされたのではないでしょうか。
 自分が貸したことや人にしてあげた親切は忘れないけれど、人から借りたことや人からしてもらったことはいとも簡単に忘れてしまうというのが、残念ながら、普通の人の性質のようです。
  私たちはたやすく愚痴や不平を口にするけれど、なかなか感謝するということは、自然にはできないようで、挨拶代わりに交わす言葉ですら、天気、子供や仕事、体の調子などについて、不平や愚痴をつぶやく人たちが少なくありません。人は善よりも悪に、肯定的より否定的に、傾きやすいということなのでしょう。 実際は、神様が私たちにどれだけよくしてくださっているかは言うまでもありません。
 この罪深い性質について聖書で次のように記されています。

次のように書いてある、「義人はいない、ひとりもいない。悟りのある人はいない、神を求める人はいない。すべての人は迷い出て、ことごとく無益なものになっている。善を行う者はいない、ひとりもいな い。彼らののどは、開いた墓であり、彼らは、その舌で人を欺き、彼らのくちびるには、まむしの毒があり、彼らの口は、のろいと苦い言葉と で満ちている。彼らの足は、血を流すのに速く、彼らの道には、破壊と悲惨とがある。そして、彼らは平和の道を知らない。彼らの目の前には、神に対する恐れがない」。(ローマ三章十~十八節)

 この罪深い私たちのために、イエス様は、十字架の上で死んで下さり、私たちが罪から解放されて新しい命に生きることができるようにして下さいました。

すなわち、すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられな くなっており、彼らは、価なしに、神の恵みにより、キリスト・イエスによるあがないによって義とされるのである。(ローマ三章二三、二四節) 

 これだけの憐れみと愛を示されて、救ってくださった神、魂と天 と地の創造者であり、また救済者である方に、感謝の姿勢を持つことは当然のことです。口語訳の聖書には、「感謝」と訳された言葉が一八六回も全聖書を通して使われています。感謝する事がいかに大切で、神様がそれを求めておられるかがわかります。
  主がしてくださった数々のことを忘れず、主に感謝し常に褒め称えることができますように。そして感謝の心をもって主に仕えることができますように。また主の愛の道具となって助けてくださった人たちに対しても、もっと感謝を示すことができますように。   

祈り:主よ、あなたは私たちを、希望もなく暗い毎日だった状態から救い出し、明るい将来と、愛と 喜びをくださいました。心から感謝します。私たちの救いと新しい人生のため、また永遠の命をくださるために、あなたは十字架で御自分の命を捨てられなければなりませんでした。そんなにも大きな代価を支払ってくださったことを心から感謝します。
 あなたは愛の神、救いの神です。そしていつくしみ深く、憐れみに満ちた神です。あなたこそ、私たちの神、いつもあなたをあがめ、あなたを喜び、感謝をささげることができますように。
 
いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。(第一テサロニケ五章十六~十八節)
 
このように、あなたがたは主キリスト・イエスを受けいれたのだから、彼にあって歩きなさい。また、彼に根ざし、彼にあって建てられ、そして教えられたように、信仰が確立されて、あふれるばかり感謝しなさい。(コロサイ二章六、七節)
 
全地よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。
喜びをもって主につかえよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ。
主こそ神であることを知れ。
われらを造られたものは主であって、われらは主のものである。
われらはその民その牧の羊である。
感謝しつつ、その門に入り、ほめたたえつつ、その大庭に入れ。
主に感謝し、そのみ名をほめまつれ。
主は恵みふかく、そのいつくしみはかぎりなく、
そのまことはよろず代に及ぶからである。」  (詩篇一〇〇篇一~五節)

他の投稿もチェック

神の作品

 「ひとしずく」ーーひと昔編 今日、息子と母と一緒に鍛冶屋さんに行きました。薪割りに使う...

真の平安 

「ひとしずく」ーーひと昔編 わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。(ヨハネ十四章二七節)...