一羽の雀に

j
2021年3月23日

ある野鳥の森の公園に、立ち寄ってみました。

その園内には色々な鳥達が飼われていて、美しい鳴き声の鳥達、大小さまざまな鳥達でにぎわっていました。

しかし、一番、私の心を捕らえたのは、公園の駐車場のわきにある建物の屋根にとまって、どんな鳥達よりも大きな鳴き声を響かせて鳴いている一羽の雀でした。

その全身で声をあげているその姿に感動しました。

 雀についてイエス様は、色々なお話をしておられます。

 二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。

またあなたがたの頭の毛までも、みな数えられている。 それだから、恐れることはない。あなたがたは多くのすずめよりも、まさった者である。 (マタイの福音書 10:29-31)

どんなに小さな者でも、神様が愛していつくしんで下さるとわかれば、恐れは吹き飛びます。天地を造られた神様が生かして下さっているので、今私達はここにいます。そして神を賛美します。

他の投稿もチェック

神の作品

 「ひとしずく」ーーひと昔編 今日、息子と母と一緒に鍛冶屋さんに行きました。薪割りに使う...

真の平安 

「ひとしずく」ーーひと昔編 わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。(ヨハネ十四章二七節)...