誰 の声に従うのか?

j
2024年5月17日

ひとしずく1557-誰 の声に従うのか?

ある人が、クリスチャンではない 友人たちに自分の悩みを相談し、その友人たちの言う通りに行動した結果、その結果が結局自分の望んだこととは反対のことが起ってしまった ことを非常に悔やんでいました。自分はそうは思っていなかったのに、友人たち皆が口をそろえて同じ事を言うので、自分もいつしか彼らと同 じ気持ちになってしまっていたということでした。今思えば、その決断は主の見方、やり方ではないし、自分の本心でもなかったと、寂しそう に言っていま した。

私たちはよく、神を恐れるよりも 人を恐れ、人の意見、それも多数の意見を気にします。しかし、それでは神の御心を果たせないばかりか、神を悲しませてしまうことになりま す。何よりも、自分にとっても取り返しのつかない悲しい結果を招いてしまうこともあります。

聖書の次の場面が思い浮かびま す。ソロモン王がなくなり、息子のレハベアムが王位につこうとする時の場面です。レハベアムのもとには、イスラエルの会衆がやってきて、 次のように言いました。

「父上はわれわれのくびきを重くされましたが、今父上のきびしい使役と、父上がわれわれに 負わせられた重いくびきとを軽くしてください。そうすればわれわれはあなたに仕えます」 (列王記上12:4)

レハベアムは彼らに、三日後に来るように伝えると、まずは、父ソロモンの存命中ソロモンに 仕えた老人たちに相談します。すると老人たちは、イス ラエルの会衆の申し入れ通りにするよう勧めます。しかし、レハベアムは、自分と一緒に大きくなって、自分に仕えている若者たちにも相談し ます。すると若者たちは、レハベアムに、会衆の申し入れに対し厳しい態度で、さらに彼らのくびきを重くし、さらに苦しめてやると言うよう 勧め、結局レハベアムは三日後に答えを求めに来たイスラエルの会衆に、その若者たちの進言をそのまま、荒々しく伝えたのでした。その結 果、どうなったかというと、レハべアムはその民を失 い、イスラエルは南北二つに分裂してしまったのでした。(列王記上12章)

誰の声に従うのか?これはとても大切なことです。レハベアムは、老人たちの意見ではなく、 自分の仲良くしている若者たちの意見を聞き入れてしま いました。老人が正しく若者が間違っているというわけではありませんが、レハべアムの一番の罪は、神を認めず、神の御心を求めなかったこ とです。そしてもともと、レハベアムの心には、傲慢と神と人を愛するという心に欠けていました。もし、真に神の見解を求めていたら、安易 に身近な人の意見をあてにし、それに従うということもなかったことでしょう。そして取り返しのつかない結果を招いてしまいました。これは 私たちも気をつけていないと、有り得る失敗ではないでしょうか。

私たちは信仰によって歩んでいるつもりでも、神の御言葉よりも、すぐに人の意見やこの世の 知識、常識に頼ってしまうところがあります。しかし、 まずは神の御許に行くことです。そして、神の見解や導きを尋ねることです。多くの人が自分にそうしたらいい、ああするべきだ、と主張しよ うとも、神様が望まれていないことをするのは罪です。どうか、私たちが 全てのことについて、人を恐れたり、人の意見を気にするするかわりに、主の御声に耳を傾け、それに従うことができますように。

「あなたの持っている信仰を、神のみまえに、自分自身に持っていなさい。自ら良いと定めた ことについて、やましいと思わない人は、さいわいである。」(ローマ14:22)

 「しかし、疑いながら食べる者は、信仰によらないから、罪に定められる。すべて信仰によ らないことは、罪である。」(ローマ14:23)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...