聖 書に書かれている農業

j
2024年5月15日

ひとしずく1554-聖 書に書かれている農業

 先日、創世記を読んでいて、一つ発見がありました。それは、人はエデンの園に置かれた時、神様から園を耕すようにと言わ れていたことで す。私はずっと、畑を耕すことは、アダムとイブが罪を犯して、エデンの園から出されてから神様から課せられた仕事だと思っていました。しかし創世記2章に は次のように書いてあります。

 「主なる神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。」 (創世記2:15

 ということは、園を耕すことは、エデンの園での最初の神様からの任務の一つであったということです。これは、私にはとて も意味深いことに思えました。人間がもともとすべきであった仕事がエデンの園にあって耕すということであれば、その仕事はとても敬神的な 仕事となりうるだろうと思います。もちろん、心が正しくなければ、カインのように、畑を耕しても、神様にその捧げものを受け入れてもらえ ない場合もありますが。

 しかし、耕すということが、神様が最初の人に与えた仕事であるなら、そのご計画には神様の深い知恵と思いやりが込められ ていただろうと思うのです。

 以前にも述べたことのある、北海道のEさんは、人は何らかの形 で、わずかでも、農業に関わっているべきだと思う、というようなことを話してくださいました。

 農作物を育てる仕事というのは、とても神様に依存する部分が多いので、私たちを神様に近づけてくれるものだと思います。 私たちは、どんなに頑張っても、種を発芽させ、植物を大きく成長させることは一夜では、できません。私たちは、自分のできるわずかなこと をした後は、神様が降らせてくださる雨、照ら してくれる太陽に依存しなければなりません。自分のできる分をしたなら、神様に大方を任せ、神様に働いてもらう必要があるのです。

 現在の多くの仕事は、必要とあれば徹夜して仕上げるとか、自分の腕にたよって早く仕上げるとかすることができますが、植 物を成長させるとなるとちょっと別の話となってきます。

 慌てても作物は育ちません。それと同じように、神様は私たちの魂や信仰が成長するのを、忍耐して待ってくださっていま す。神様は私たちを急かして、早くしろ!とは言わないのです。

 尊い教訓を畑仕事から学べるように思えます。そして命に満ちた土に触れていることによって、私たちの内にも命が豊かにな ることを感じます。

 ですから機会があるなら、是非、わずかでも土に触れ、作物を育てることを体験してみてください。神様の祝福がありますように。

 

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...