クリスマスの奇跡 -7

12月5日 恩返し クリスマスの奇跡 パート七 (ひとしずく一三九六)


 Aさんは、私のことをマッちゃんと呼んでいました。突然現れた彼は、アパートの戸を開けるなり、「マッちゃん、泊めてもらいたい人がいるんだけど、いいかな?」と尋ねました。(外は雪が降っています。)
 私は咄嗟に「ああ、いいよ」と答えました。きっと彼は、私の所に来るのも気まずかったに違いありません。しかし、それでも私の所に来て、宿がなくて困っている人を泊めてほしいと頼みに来たのでした。Aさんの友人でも知り合いでもない人たちのために。

Aさんに「ああ、いいよ」と答えた私の心には、この聖句が浮かんでいました。

旅人をもてなすことを忘れてはならない。このようにして、ある人々は、気づかないで御使たちをもてなした。(ヘブル十三章二節)


 聖霊が聖句を使って私の心に語りかけたのです。

Aさんは、私の返事を聞くや否や、すぐに外に飛び出して行きました。

「あ、待って!」と、私はAさんを追って慌てて外に出たのですが、不思議な事に、彼はもうどこにもいませんでした。それがAさんを見た最後でした。 

Aさんのジャンパーだけがアパートに残されていました。まるでAさんが来た証しのように。

Aさんは共に暮らしている時、私に「必ず、恩は返します」といつも口癖のように言っていました。私はそんな彼の言葉に、そんなことしなくて良いのだといつも返していました。第一、彼にはとても恩返しなどできそうにありませんでした。

Aさんは私に恩を返したいという願いを果たせなくて、自分の持っていた唯一の財産とも言える黒い皮ジャンパーを置いていったように思えました。追い出した私を恨むでもなく、寒さに凍えてまで、彼は私のために恩を返したかったのだと思います。雪の降りしきる、寒い夕暮れでした。

今でもその時のことを私は忘れることができません。あれからAさんがどうなったのかわかりません。天国に行って彼に会った時、私は謝らなければなりません。そしてイエス様にも。もしかしたら、Aさんもケーキ屋さん同様、天使だったのかもしれないと思う事もあります。私を神に仕える道へと導くために、天から使わされた天使だったのだと。

私は部屋に戻ると、こたつに入って再び聖書を読み始めていました。

すると、「ハレルヤ!」という声が聞こえ、アパートの戸ががらっと開いたのです。

Aさんが泊めてほしい人がいると言ったのは、この人たちのことでした。(続く)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...