キリストのゆえに過去も現在も未来も素晴らしい

j
2023年11月26日

イエス・キリストのゆえに、過去も現在も未来も素晴らしい

過去は変えられません。でも過去の出来事に対する見方を変えることはできます。今まで、過去に起こったあることを事実として認めていたとしても、それが神様の見解と異なるなら、それに固執していたいだろうか? 神の見解を受け入れるために、どれだけ長い間固執していた考えでも、捨てることができますように!

間違いだらけの古い過去も、主は一新にされました。

だれでもキリストにあるならば、その人は新しく造られた者である。古いも のは過ぎ去った、 見よ、すべてが新しくなったのである。(第二コリント5章17節)とあるからです。

今、現在を大切にしたいと普通の人は思っていると思います。しかし、過去の悲しみや将来の不安に、今を蝕ませることはよく人がしてしまうことです。変えることのできない過去と思い煩ったからといって良い方に変ることのない将来のことは、神の御手に委ねて、今、主が下さった機会を最大限に用いることに思いを集中しよう。主は共におられて、「わたしは、決してあなたを離れず、あなたを捨てない」(ヘブル13章5節)と言っておられるのだから。

未来は、神の御手の中にあります。たとえ私たちの幸せやまた命を滅ぼそうという悪魔の悪だくみがあっても、全てをコントロールしておられるのは神。神様の許しなしには、何一つ起こることはありません。思い煩う必要はありません。

「明日のことを思いわずらうな。あすのことはあす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労はその日一日だけで十分である。(マタイ6章33節)

主は言われる、わたしがあなたがたに対していだいている計画はわたしが知っている。そ れは 災を与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。(エレ ミヤ29章11節)

わたしは確信する。死も生も、天使も支 配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、その他どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにおけ る神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのである。(ローマ8章38,39節)

他の投稿もチェック

つながっている人々のために パート2

つながっている人々のために パート2 (2013年2月 ひとしずく1100) 原発の事故以来、度々、そこで働く作業員の過酷な労働問題が取り上げられています。以前、福島原発2号基の爆発 当時、中央制御室で働いていた人たちのドキュメンタリーをユーチューブで見ましたが、作業員が何とか爆発を防ごうと、必死になっていたのを思 い出します。SR弁というのを開いて、蒸気を逃がさないなら圧力に絶えられず、格納器が爆発してしまうという危険な事態でした。しかも、その...

つながっている人々のために

つながっている人々のために (2013年2月 ひとしずく1099)    私のある友人は、遠い第三世界の子供たちに対する熱い愛に、いつもかき立てられています。彼女の彼らに対する伝道の思いは、何十年も燃え続けて います。 日本にいるために、自らそれら貧しい子供たちに接することはできないものの、生活費 を節約し、それを子供たちの福利のために送っています。 私たちは、世界中の人たちとつながっていると言えると思います。確かに現代は、この...

十字架を負って生きる

十字架を負って生きる (2013年2月 ひとし ずく1098) いったい自分は、どんな目的のためにこの地上で生を受けたのだろうか? イエス 様は、「日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」と言われたけれど、自分の十字架とはいったい何なのだろう? これは全てのイエス様に従おうとしている人が心のどこかで抱いている疑問であると思 います。「それから、みんなの者に言われた、『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきな...