夢による導き

j
2023年11月11日

11月11日 ひとしずく646-夢による導き 

私は、妻と友人とで、一つの開かれた扉の前に立って、それについての代価や、どんな可能性があるかなど、色々と思案して いました。 それぞれ意見をお互い話し終えた時、友人が「主の御心を聞きましょう。まずは、今日は、休みましょう」と言いました。 そして私たちは「眠っている時でも、なくてならぬもので、私たちを養ってくださいますように!」と主に祈って床についた のでした。  すると、私は一つの夢を見、その夢で目が覚めてしまいました。とても意味ありげな夢でした。私は、あまり夢を見ない方な のですが、見る時には、それが意味あるものであることがよくあります。 すっかり目覚めてしまった私は、真夜中でしたが歩きながら、今見た夢はどういう意味だろうと、解釈を求めて祈っていまし た。 すると、友人が起きてきて「主から何かもらいましたか?」と尋ねました。 私は夢の解釈がまだわからなかったため、その夢のことは、その時には伝えませんでした。友人は「主の御心を求めましょう ね」と言って、再び寝室に帰っていきました。 私は、その後また解釈を求めて祈りました。そしてだんだんと、その夢の解釈がこういう意味ではないかと紐解かれていくよ うに感じました。 翌朝、自分が見た夢のことを妻や友人に話しました。そしてその夢の解釈は、昨夜会話の中で、自分たちがしようということ になっていたこととは、反対のことを意味するということも話したのでした。 すると友人が「私も夢を見ました」と言って、その夢の内容を教えてくれました。驚いたことにその夢は、私の夢の続きとい うか、自分の見た夢の解釈を裏付けるような夢だったのです。 一晩の内に、別々に夢を見て、自分たちの思いで話し合っていたこととは、逆の方向を主に示してもらったことになります。  聖書には「終わりの時には、息子娘は預言をし、老人は夢を見る」とあります。

まさしく、老人?の私と、老人でない?友人にまで、主は導きを夢で示してく ださったのでした! 私たちが、当然だと思っている時、またこうしたいという強い意志を持っている時、主にとっては、主の意思を伝えるための 障害となることがよくあるのでしょう。したがって、私たちが、眠って、自分の思いから解放されたオープンな状態になる時、主は夢を通して、導きを与えやすいのか もしれません。  主は、私たちが必要としている導きを、このように夢と言う不思議な方法を使って、示してくださったのでした。主のなさ る素晴らしい業を、心からほめたたえます!「あなたがたが早く起き、おそく休み、辛苦のかてを食べることは、むなしい ことである。主はその愛する者に、眠っている時にも、なくてならぬものを与えられるからである。」(詩篇127:2)「神がこう仰せになる。終わりの時には、わたしの霊をすべての人に注ごう。 そして、あなたがたのむすこ娘は預言をし、若者たちは幻を見、老人たちは、夢を見るであろう。」(使徒行伝2:17

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...