時間という贈り物

四月三十日 時間という贈り物 (二〇一二年四月 ひとしずく七九七)

 主は、どうして「終わりの時のしるし」ということについて知らせてくださったのでしょう。それは、私たちが心を備えるためであると思います。
主は、時を越えて存在しておられる方であり、初めであり終わりであられる方(イザヤ四四章六節)です。しかし、私たち、時間に制限されている者にとって、今、何時か?ということは大切な話になります。時間に合わせて、備えをするからです。主が私たちに時間を下さっているのは、私たちがその時間に正しい決断と選択を行うためと言えると思います。
 時代の兆候と、主の語られた「終わりの時のしるし」とを照らし合わせることによって「もうこの世の終わりが来ている」ということを知った上で、では自分はどんな生き方をするのか?神は私に何を求めておられるのだろうか?と自分の心を探り、生き方を確認するために、この「終わりの時」の準備期間が与えられているのではないでしょうか?


 そうです。主は、優しくも、そのための時間を与えて下さっているのです。

そして、私たち一人一人にこう呼びかけておられると思います。

「本当なんだよ。この世は過ぎ去る。新しい時代がやってくる。もうすぐ私はこの地上に再び現れる。あなたは、今のままで良いのですか?自分の人生について満足と確信がありますか?この世は終わります。その時、あなたに悔いはないですか?」

 相手に考える時間と準備の時間を与えるというのは、忍耐ある愛の行為です。神様は、忍耐をもって私たちを教え諭し、私たちが真理に気づき、受け入れることを喜ばれるのです。

 ある人々がおそいと思っているように、主は約束の実行をおそくしておられるのではない。ただ、ひとりも滅びることがなく、すべての者が悔改めに至ることを望み、あなたがたに対してながく忍耐しておられるのである。(第二ペテロ三章九節)

 主がそのようにして私たちに与えて下さっている時間という贈り物は、恵みです。目に見えるもの、世の有様、この世は過ぎ去ります。しかし、真理である神の言葉、イエス様を通して与えられている愛、そして私たちが主にあって行うことは永遠に残るのです。

 私たちは、永遠のために生きているでしょうか?この世は過ぎ去るとも、永遠に残ることのために生きることができます。それは、神様の愛に生きることです。

時間と言う恵みを与えてくださっている主に感謝し、今日、その永遠に残る愛のために生きることができますように。

天地は滅びるであろう。しかしわたしの言葉は滅びることがない。(マタイ二四章三五節)

愛は決して滅びない。(第一コリント十三章八節)

世と世の欲とは過ぎ去る。しかし、神の御旨を行う者は、永遠にながらえる。(第一ヨハネ二章一七節)

他の投稿もチェック

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む

ひとしずく1508―別世界へ飛び込む (このお話は2014年に書かれたものであることをお伝えします。) 私たちは、自宅から車で一時間ほど行った町に、ひと月に一度かニ度買い物に出かけるのですが、私たちの場所から十キロメートルも車を走らせると、そこはもう雪が全く見当たらない別世界となります。昨日も、母を病院の定期検診と買い物に連れて行ったのですが、いかに自分たちの所が他に比べると雪が多い地域かということがわかります。...

ひとしずく1515-神の見解 

ひとしずく1515-神の見解  神と私たち人間との見解は異なります。私たちはそのことを踏まえて、もっと自分の考えにとらわれず神様の見解を求める必要があると思います。改めて聖書が示す神の見解を心に刻む事ができますように。 主はサムエルに言われた、「顔形や、身のたけを見てはならない…わたしが見るところは人とは異なる。人は外の顔形を見、主は心を見る」(サムエル記上16:7) イエスは答えて言われた、「天地の主なる父よ、あなたに感謝します。これらのことを知恵のある者や、賢い者に隠して幼な子に現してくださったからです。」(マタイ11:25)...

ひとしずく1514-選択という賜物

ひとしずく1514-選択という賜物   あなたは神様の御心を知っていますか?神様の御心、それは、私たちがいつも神様の近くに住まい、神の御顔を仰ぎ、愛し、どんな状況にあっても神様の約束を固く信じ、賛美しつつ御言葉に従って生きることです。しかし、神様は、そんな御自分の思いを押しつけたりせず、私たちの自由意志を尊重し、選択と言う賜物を与えてくださっています。何と深い愛だろうと思います。その神の御姿は、放蕩息子の父親の姿で表されています。  ...