額縁の役割

四月九日 額縁の役割 (二〇一二年四月 ひとしずく七七六)

 ある観光地の売店で、とてもけばけばしい額縁を見たことがあります。サイズは普通なのですが 金色のボールや宝石のような光ものがくっついていて、とても派手なのです。いったいどんな絵や写真がこの額縁に収まるのだろう?と疑問に思ったくらいでした。
 いや、中身は何だってかまわない、つまりは額縁が主役なのです。

 額縁の本来の役割は、中の絵を引き立てるものです。
絵を飾るために額を選ぶ時、それは高価で輝いている必要はありません。いやむしろ、絵を引き立たせるために、地味で、自己主張のないものを大抵選ぶのではないでしょうか?

それは、主が私たちを選ぶのと似ています。
 私たちは、主イエスの光を輝かす存在です。主の愛をこの世に映し出すのが、私たちクリスチャンとしての究極のゴールとも言えると思います。いわゆる額縁の役割です。
 私たちの内に宿るイエス様の御霊は、私たちが肉において弱く、才能においても乏しいくらいの時、かえって輝きます。どうして、これといった取り柄ないように見えるこの人がやっていけるのか、また輝いているのはどうしてかと興味を惹くことでしょう。
 そしてその時、人の注目は私たちの肉、生まれながらの才能や努力、また経験ではなく、神様の恵みの業に向けられるのです。
 だから神様が私たちを地上に送られた使命を果たすのに、あれやこれがないとできないということではないのです。かえって、主は弱く何もない、ありのままの私たちを拾い上げて使われることを好まれるように思えます。

  しかし時々私たちは、主の望まれている額縁として選ばれていることに気づかず、自分はもっともっと主にふさわしく多くの飾りをつけて、立派な見栄えの良い額縁にならないと、主に使ってもらえないとあせっている場合があるのではないでしょうか?
 主の栄光は、病人、弱い人、社会的地位の低い人、子供たち、のけ者にされている人たちを通してよく顕わされました。私たちはこのことを良く覚えている必要があると思います。私たちが完璧にならなければ奇跡は起らないという考えを捨てるなら、もっと主は、私たちを通して輝かれるのではないかと思うのです。
 今日は、イエス様の復活を祝うイースターです。どうか私たちが自分自身に目を向けるのではなく、甦りの主に目を留めていられますように。
 主役はいつもイエス様です。

主が選んでくださったありのままの自分で、精一杯、主の栄光を顕す「額縁」となれますように。 

しかし、わたしたちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝える。わたしたち自身は、ただイエスのために働くあなたがたの僕にすぎない。「やみの中から光が照りいでよ」と仰せになった神は、キリストの顔に輝く神の栄光の知識を明らかにするために、わたしたちの心を照して下さったのである。

しかしわたしたちは、この宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、わたしたちから出たものでないことが、あらわれるためである。(第二コリント四章五~七節)

  だから、わたしたちは落胆しない。たといわたしたちの外なる人は滅びても、内なる人は日ごとに新しくされていく。(第二コリント四章十六節)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...