貧乏くじ 

三月三十日 貧乏くじ (二〇一三年 ひとしずく一二二六)

 最近、騙されたり、裏切られたりの話をよく耳にします。そのような話を聴いていると、心も暗くなってしまいます。残念ながら「(終わりの時には)不法がはびこるので多くの人の愛が冷えるであろう」というイエス様の言葉が成就しつつあるように思えます。

 しかし、最近聞いた次の話は、そんな時代にあっても、どんな生き方をすべきか、考えさせられるものでした。

  Nさんから聞いた彼女の旦那さんのお話です。

 彼が東京に出てきて、それほど経っていなかった頃のことです。後にその会社は東京でも有名な会社になりましたが、その頃は、まだ始めたばかりで資金繰りも簡単ではなかったそうです。そんな時、彼は、知り合いの人に頼まれて保証人となりました。が、騙されて、突然三千万円の借金を抱えることになったのです。当時の三千万は、今の三億位に相当するお金だそうです。

 若かった彼にとっては、莫大過ぎるほどの額でした。しかし彼はそのことで、その人を追求し訴訟することもできたそうですが、そうはせず、自分が保証人になったのだから、自分の責任だと、その借金を全て、潔く背負うことにしたのだそうです。
 彼は、毎月、毎月、仕事に専念し、その返済のために必死の努力を払いました。そしてついに、全て返済し終えたのだそうです。
 それを見ていたある銀行の年配の頭取は、当時の若いNさんの旦那さんの態度に関心し、お前さんのためなら、銀行がお金を出し渋っても、私が個人的にでも助けてあげようとまで言ってくれて、それを機会にその頭取の人との親交が始まったのだそうです。それは、後のNさんの事業にも人生にも大きな助けとなったことでしょう。
  時々、主が設定される状況は、私たちには、理解しがたいことがあります。しかし、そのような状況の中で、Nさんの旦那さんのように、私たちは様々な益に与ることができるのではないでしょうか。


 赦しと愛を学ぶ機会を与えられたり、自分が全てを支配している神ではないことに気づかせてもらえたり、自分の力やまた計画、思いから離れて、主の知恵、知識に目を向けること、そして、神ご自身のなさりたいことをなして頂くこと等々、まだ他にもたくさんの益があると思います。
 ですから、どうしてこのようなことが起るのか、裏切られたり、自分が貧乏くじをひいてしまったように思えたり、神様は、こうした不公平なことが起るのをどうして許されるのだろうか、と思う時には、これらの益について目を留めてください。
 人知をはるかに越えたキリストの愛(エペソ三章十九節)が、あなたが困難を乗り越えるのを助けてくださいますように。

  最後に、私の好きな「星野富弘」さんの詩を紹介します。彼は若い時、体育教師をしていましたが、クラブ活動で生徒達に模範演技を見せようとした時の事故により、首から下が不随となりました。彼が口に加えて描く、詩や絵は多くの人々の心の慰め励ましとなっています。

               貧乏くじ 
               引いてみるといいですよ
               私はすごいのを当てたことがあります
               希望とか愛とかどこにでもありそうですが
               本物はなかなか手に入らないものが当たるんです
               貧乏くじ
               はずれはないそうです
               引いてみるといいですよ

聖書に書いてあるとおり、「目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもしなかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた」のである。(第一コリント二章九節)

   神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くとい うことを、わたしたちは知っています。
                                     (ローマ八章二八節 新共同訳)

他の投稿もチェック

さまよえる群れ

ひとし ずく827-さまよえる群れ 以前、都内で大規模防災訓練が行われました。 震災に 遭ったと仮定して、一時避難所へ携帯メールを通して、避難するという訓練でした。しかし、その多くの人が臨時に設置された指示経路からの 情報をどうやって受け取ることができるか、わからなくて迷っていました。 ぞろぞ ろ歩いていく人の群れに「今、どこに向っているんですか?」とインタビューすると幾人もの人が「わからない」と答えていました。そして...

イエス様を受け入れるか否かの選択

ひとしずく819-イエス様を受け入れるか否かの選択 バイブルクラスに参加していた一人が、イエス様に出会って救われる前と、救われた後では、色々な事に対する見方が違うと話していました。たとえば、クリスチャン作家の映画や小説は、救われる前は、大変退屈なものだったけれども、救われてからは同じものでも、全く違った意味深いものになったということでした。 私もその通りだと思いながら「イエス様を受け入れるか否かの選択」がもたらす大きな違いについて考えたのでした。...

光を灯して

ひとしずく811 光を灯して <ある夜遅く山道を運転していた時のこと:> …山道にさしかかった時には、もう真っ暗になっていました。他に通る車もなく、その道には全く街灯がありません。山のカーブ道が続き、ある所は片側が谷になっている所もあり、しかもガードレールもない部分もあるので、一歩間違えたら、それこそ命取りです。 この暗闇の危険な道で、唯一頼りになるのは車のヘッドライトです。その光が、道の中央線や路側帯のラインやガードレールを照らし出してくれ、行くべき道を導いてくれるのです。...